1. ホーム
  2. マイカーローン

マイカーローンの本審査、日数はどれくらいかかる?

マイカーローンの本審査、日数はどれくらいかかる?

マイカーローンを申し込むと、さまざまな角度から審査され、その審査に通らないと融資を受けられません。この審査には仮審査と本審査があり、本審査は結果が出るまで日数がかかります。
なぜ本審査に日数がかかるのか、本審査にかかる日数や審査内容のほか、マイカーローンの種類などについて解説します。

ローンには仮審査と本審査がある

ローンを申し込むと、多くの場合、仮審査を行い、仮審査に通ると本審査を行います。これは、マイカーローンも同様です。では、仮審査と本審査は何が違うのでしょうか。

すぐに結果がわかる仮審査

ローンを申し込むと、仮審査が行われます。仮審査は、申込者の職業や年収といった属性情報をもとにした簡単な審査です。申し込んだ借入金額と年収とのバランスが合っているか、属性情報に間違いがないか、勤続年数はどれくらいかといったことが確認されるといわれています。

また、実際にローンに申し込む前に、仮審査にだけ申し込むこともできます。仮審査は、金融機関のウェブサイトから申込みが可能です。年齢と年収、ほかの金融機関での取引履歴などを入力すると、早ければ数分で借入れが可能か、可能ならいくらまで借り入れられるかがわかります。
仮審査を受けることで借入金額の目安がわかるため、車を選定する際に参考にすることができるでしょう。

時間がかかる本審査

短時間で結果が出る仮審査と違い、本審査には時間がかかります。その期間は、マイカーローンの種類や申し込んだ金融機関によっても異なりますが、一般的に1週間程度です。 本審査では申込者の属性情報に加え、ほかの金融機関への借入金額やローンの申込状況といった信用情報も細かく確認されます。こうした信用情報は、信用情報機関に照会され、支払能力の判断材料とされるほか、金融機関によっては勤務先への在籍確認なども行われます。

マイカーローンの本審査では何をチェックするのか?

ローンに申し込む際には、申込者本人の属性情報や信用情報を申告しなくてはなりません。本審査に時間がかかる理由として、こうした申込者の情報を一つひとつ確認して、融資が可能かどうかの判断材料としている点が挙げられます。 また、マイカーローンの申込みに対して行われる審査において重視される内容は、金融機関ごとに違いますし、審査基準はどの金融機関も明らかにしていません。
ですが、マイカーローンの審査において重要な要素としては、主に下記の3つが考えられます。

支払能力

支払能力は、ローンを申し込んだ本人の年収にもとづいて審査されます。年収については源泉徴収票など、所得を証明する書類を提出しなければならない場合がほとんどです。
また、マイカーローンに限らず、ローンを組む際には年収に占める年間返済額の割合である返済比率も考慮されます。この返済比率は、ローンの種類や金融機関によって異なりますが、マイカーローンは一般的に20~30%までといわれています。

返済計画

ローンで借入れできる金額は、返済比率や返済期間などで決まります。十分な年収があるとしても、返済計画に無理があると、ローンは組めません。例えば、返済期間を短縮するため、毎月の支払金額を支払能力以上に高額に設定するような場合です。
ローンを組む際には、返済比率や返済期間のほか、金利なども含めて総合的に検討し、返済計画を立てる必要があります。

過去の金融取引履歴

申込者本人の信用情報として、クレジットカードのキャッシング、カードローンなどにおいて、過去に返済の遅延・延滞がないかどうかが確認されます。こうした、個人の金融取引履歴は信用情報機関で管理されており、金融機関はローンの申込みなどの際に、申込者本人の金融取引履歴を信用情報機関に照会します。 また、マイカーローンの仮審査の段階で、信用情報機関に照会する金融機関もあります。

審査スピードは融資元によって異なる

車を購入する際、どこでどのようなマイカーローンを組むかによっても、本審査にかかる時間が変わってきます。
車を購入する際に利用できるローンとしては、銀行などの金融機関が提供するマイカーローン、信販会社が車のディーラーや販売店と提携して提供しているディーラーローン、そして自動車販売店が独自に設定している自社ローンがあります。それぞれの特長と審査のスピードについて見ていきましょう。

金融機関のマイカーローン

銀行や信用金庫などの金融機関で用意されているマイカーローンは、多目的ローンやカードローンといったほかのローンと比べて金利が1%前後から3%台後半と低いことが特長です。また、車の購入費用以外にも車検・修理の費用にも使えることのほか、車の名義が購入者本人になるため、ローンを借り換えたり、ローン返済中でも車を売却したりできるなど、自由度が高いといった特長もあります。
一方、マイカーローンは、信販会社によるディーラーローンに比べて、審査が厳しいといわれています。審査結果が出るまでの日数は金融機関によって異なりますが、早くても4営業日前後ですので、本審査の申込みから1週間程度はかかると考えたほうがいいでしょう。

ディーラーローン

ディーラーをはじめとする自動車販売店と提携する信販会社によるローンです。銀行などのマイカーローンに比べると、金利は3~6%前後と少々高めですが、銀行などのマイカーローンよりも審査が早く、申し込んだ当日に審査結果がわかることがほとんどです。
ただし、多くの場合、ローンを完済するまでは車の名義は販売店となります。ローンを完済する前に車の売却や買い換えをしたい場合には、車の名義を持つ販売店の承諾が必要です。

販売店独自の自社ローン

自社ローンとは、銀行や信販会社を通さず、自動車販売会社が自社で分割払いを受けつけるシステムのことをいいます。そのため、金利という言葉が使われず、手数料や保証料などの名目で、車体価格の10~20%程度が加算されることが多いようです。
販売店が自社の裁量で可否を判断しますので、審査のスピードは金融機関のマイカーローンやディーラーローンに比べて早いでしょう。ただし、自社ローンを取り扱っている販売店は、決して多くはありません。利用したい場合には、自社ローンの取り扱いがある販売店なのか、事前に調べておく必要があります。

本審査の日数を短くするには?

マイカーローンの本審査には時間がかかりますが、それでもできるだけ短くしたいものです。続いては、本審査をよりスムーズに進められる方法をご紹介します。

融資元を選ぶ

マイカーローンの審査にかかる日数は、融資元によって異なります。金融機関のマイカーローンよりもディーラーローンのほうが審査は早い傾向があり、自社ローンであれば、さらに審査にかかる日数を短くできます。ただし、融資元が変われば、金利やそのほかの条件も変わってきます。その点を理解した上で、どのローンを選ぶか検討して選択しましょう。

借入金額を抑える

借入金額を抑えれば、無理のない返済計画が立てられ、審査にも通りやすくなります。そのため、頭金を増やして借入金額を抑えるという方法もあります。ですが、頭金を増やすには、一度に多額の現金が必要です。車の購入以外に必要な物がある場合は、どちらを優先するべきか冷静に検討しなくてはなりません。
また、購入する車のグレードを下げる、新車ではなく中古車にするなど、車の購入価格自体を下げれば借入金額を抑えられます。どうしてもこの車でなければならないという場合は難しいかもしれませんが、妥協できる点は妥協して車の購入価格を下げれば、ローンの審査にスムーズに通過できる可能性が高くなるでしょう。

個人と金融機関の融資マッチングプラットフォーム「クラウドローン」

最後に、最近注目を集めている「クラウドローン」をご紹介しましょう。これは、融資マッチングプラットフォームという新しい金融サービスで、すでに国内の多くの金融機関がこの仕組みに参加しています。

クラウドローンの仕組み

クラウドローンは、お金を借りたい個人と、お金を貸したい金融機関とのあいだをつなぐ、マッチングサービスです。例えば、個人ユーザーが「車を買いたいので、◯◯万円借り入れたい」と登録します。すると、そのリクエストに応えられる金融機関から、ユーザーに提案が届きます。ユーザーは、それらの提案を比較検討して、1つに絞り込めたら、あとは直接審査を申し込み、ローンを組む、という流れです。

個人でも幅広く活用できる

クラウドローンに登録すると、多くの金融機関から直接提案を受けることができるため、ユーザーがいくつもの金融機関に資料の請求をしたり、融資申込のために金融機関に出向いたりする手間がかかりません。
それらの提案の中から気に入ったものがあれば、直接仮審査を受けられますので、簡単に借入れの見通しを立てられます。特定の金融機関に偏らず、ユーザーの希望に合った提案を受けられ、さらにそこから選択できる自由さがあるのです。

クラウドローンをマイカーローン選びの選択肢に

マイカーローンの審査には、ある程度の日数がかかってしまいますが、どのマイカーローンが良いのか、比較検討をするにも時間がかかります。
しかし、クラウドローンを利用すれば、いろいろな金融機関からの提案を気軽に比較検討することができ、早期の申込みが可能です。マイカーローンを選ぶ際のツールとして、活用してみてはいかがでしょうか。

  クラウドローン - お金を借りたい個人と低金利の銀行ローンを最適マッチング

POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2022年08月29日
マイカーローン
教習所や自動車学校の費用はローンで払える?運転免許取得に使えるローンの種類を比較
教習所や自動車学校で普通自動車の運転免許を取得するには、20~30万円程度の費用がかかります。入校時に一括で払うのが一般的ですが、全額を用意できないときはローンを利用するのもひとつの方法です。 今回は、教習所費用に使えるローンの種類やそれぞれの特徴を紹介するほか、教習所の費用の目安、ローンで支払うメ...
2022年08月23日
マイカーローン
金利でマイカーローンの返済額はどう変わる?計算方法を紹介!
マイカーローンは、金利や返済方法の違いによって、返済額や総支払額に大きな差が生じてしまうことがあります。場合によっては、予想以上に総返済額が増えてしまうことも。 そんな事態を防ぐためにも、金利やローンの種類、返済方法についての基礎知識をきちんと身につけておきましょう。そして、マイカーローンを組んだ生...
2022年08月17日
マイカーローン
カーリースとマイカーローンのメリットデメリットどちらが得か
カーリースとは一定期間車を借りる(リース)契約のこと カーリースとは、リース会社の保有している車を一定期間借りる契約(リース契約)のことです。 車の所有者はリース会社になる リース契約では、車の所有者はリース会社で、使用者が顧客(本人)となります。レンタカーと同じ「わ」ナンバーを使うのが一般的です。...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる