1. ホーム
  2. 医療ローン

脂肪吸引の費用はどのくらい?部位別の料金相場や、メリット・注意点も解説!

脂肪吸引は、余分な脂肪細胞を取り除く痩身治療のひとつで、短期間で確実な効果が得られます。しかし、保険適用外の美容外科手術なので、費用や身体への影響などについてイメージしづらいという方も少なくないでしょう。
この記事では、脂肪吸引にかかる費用を部位別に紹介しながら、メリットや注意点についても解説します。また、費用の支払いに便利なローンについても記載していますので、併せて参考にしてください。

脂肪吸引の費用はクリニックによって異なる

脂肪吸引は自由診療のため、クリニックによって費用にばらつきがあります。また、部位ごとに料金設定をしているクリニックが多く、提示されている料金には麻酔や血液検査、術後のケアや保証などの費用が含まれていない場合もあります。クリニックを選ぶ際は、実際にかかる総額を確認することが大切です。

また、脂肪吸引は費用だけでなく、クリニックの技術や対応、実績なども含めて検討することも重要です。そして心配なことは事前にカウンセリングなどでしっかりと確認し、自分が信頼できる医師の施術を受けましょう。

部位別にみる脂肪吸引の費用相場

脂肪吸引できる部位はクリニックによって細かく設定されていますが、ここでは代表的な部位の費用相場を紹介します。目指す体型によっては複数の部位を施術する場合もあるため、気になる部位の費用相場を確認し、総額の目安を知っておきましょう。

顔(頬・顎) 20〜50万円

顔の脂肪吸引は頬と顎のプランに分けられていることが多いです。頬は膨らみをとってすっきりとさせ、顎は脂肪によるたるみなどを取りシャープにする効果があります。吸引の際は耳の裏や顎下に吸入菅を通すため、傷跡は比較的目立ちにくいです。また、顔はほかの部位に比べて脂肪の吸引量が少ないため、料金が低めに設定されている場合もあります。

二の腕 20〜50万円

二の腕の脂肪を減らすと、腕全体がほっそりとした印象になります。また、ダイエットでは脂肪が落ちにくい箇所でもあるため、脂肪吸引は効果的です。二の腕は季節によって露出することが多い部位のため、施術の際は脇の下など傷跡が目立ちにくい箇所から脂肪を吸引します。肩付近も範囲に含める場合は費用が変動するため注意しましょう。

背中(肩甲骨上・下) 20万〜60万円

背中は普段自分でチェックしにくい箇所で、いつの間にか皮下脂肪がついていることも。施術で脂肪を減らすことで、後ろ姿をすっきりと若々しい印象にできます。背中の脂肪吸引は肩甲骨上と肩甲骨下のプランに分かれており、背中全面を施術する場合はその分費用が高くなります。

お腹まわり 20万〜120万円

お腹まわりの脂肪吸引は、ダイエットでは難しい下腹部痩せや、ウエストのくびれ作りに効果的です。
腹部はほかの部位に比べ範囲が広く、脂肪のつき方も人によってさまざまなため、プランは上腹部、下腹部、側腹部、腰のように細かく分かれています。全体を施術すると高額になりますが、クリニックによってはセットプランがありお得にできる場合もあります。

お尻 20〜40万円

お尻は皮下脂肪が付きやすく、たるみが目立ちやすい部位であり、かつダイエットでは落としにくい部位です。お尻の脂肪のみを吸引すると形が垂れてしまう場合があるため、隣接する太ももも一緒に脂肪吸引するケースも多くなっています。セットで施術することで、すっきりとしたバランスの良い下半身にすることができ、お尻を小さくする効果も期待できます。

太もも 20〜120万円

太ももは脂肪吸引箇所の中でも人気の高い部位です。吸引箇所は、太もも前面内側、背面内側、前面、外側といったように細かく設定されており、各部位ごとに料金が設定されています。また、お尻や膝など隣接する部位とのバランスも重要になるため、これらとセットで施術することも多くなっています。太ももの脂肪吸引だけで、お尻の形が綺麗になるケースもあるようです。

ふくらはぎ 20〜40万円

ふくらはぎは脂肪吸引の量が比較的少なく、ダウンタイムも短く済む箇所です。ただし、筋肉のつき方や骨の形によっては施術の難易度が高く、技術力が求められる箇所でもあります。
ふくらはぎに加え、足首も一緒に脂肪吸引することで脚を長く見せる効果も期待できますが、セットで施術する場合は費用が変動します。

脂肪吸引のメリットとは?

脂肪吸引は、メリット・デメリットを理解した上で慎重に決めることが大切です。まずは脂肪吸引で考えられるメリットについて詳しく紹介しますので、一つずつみていきましょう。

短期間で効果が得られる

太ってしまう原因は、食べ過ぎや運動不足などによる「脂肪細胞の肥大化」です。運動などをすれば脂肪が燃焼されて細胞も小さくなりますが、内臓脂肪と違い、皮下脂肪の細胞は小さくするのが難しいとされています。また、小さくなったとしても運動不足や食べ過ぎによって元に戻ってしまう(リバウンドする)可能性があります。

一方、脂肪吸引では脂肪細胞そのものを取り除くことができるため、脂肪細胞が元に戻ることはありません。またダイエットでは脂肪を減らすのに時間がかかりますが、脂肪吸引であれば一度の施術で効果を実感しやすく、確実に脂肪を減らすことができるといえます。

ダイエットでは難しい部分痩せができる

ダイエットでは、脂肪が落ちやすい部位から細くなっていくため、実際に痩せたい部位でないところが痩せてきてアンバランスになってしまうことがあります。本当に痩せたい部位がなかなか痩せられないため、挫折してしまうケースも少なくないでしょう。

脂肪吸引であれば気になる部位の脂肪を集中的に取り除くことができるので、痩せたくない部位はそのままに、ボディーラインを考慮しながらバランス良く痩せられます。

リバウンドしにくくなる

上述したように、ダイエットの場合は運動不足などによって再び脂肪細胞が大きくなってしまう可能性があります。
しかし、脂肪吸引では脂肪細胞自体を減らすことができるので、体内に残っている脂肪細胞が大きくなることはあっても、数が増えることはありません。仮に脂肪細胞が大きくなったとしても脂肪吸引前と同じくらいに戻ってしまう可能性は低いので、長期的に体型をキープしやすくなるでしょう。

脂肪吸引を受ける上での注意点は?

次に、脂肪吸引を受ける上での注意点について解説します。これに加えて、クリニックで受ける説明もしっかりと理解しておきましょう

全身脂肪吸引の場合1回では終了できない

一気に全身の脂肪を取り除くのは体に大きな負担がかかるので、全身の脂肪吸引を希望する場合は、安全を考慮して最低でも2回(上半身と下半身)に分けて施術します。2回目の施術は、1回目から1ヶ月以上間隔をあければ受けることが可能です。

また、脂肪吸引では脂肪と一緒に毛細血管や皮下組織も一緒に吸引するため、血液も少なからず失うことになります。吸引する脂肪の量が多いほど出血量も増えるので、極度の貧血がある場合は脂肪吸引ができないこともあります。

リバウンドの可能性がゼロではない

美しいボディラインをつくるためにも、施術では全ての脂肪を取り除かずに、必要な脂肪は残します。そのため、食べ過ぎや運動不足が続いてしまうと、残された脂肪細胞が再び大きくなり、リバウンドしてしまう可能性があります。
脂肪吸引をしたからといって、その後も絶対に脂肪がつかなくなる訳ではないことは理解しておきましょう。とはいえ、脂肪吸引前よりも確実にリバウンドがしにくい身体にはなっています。施術後は体型維持のためにも適度な節制が必要といえます。

吸引箇所が多いほど費用も高くなる

理想のボディラインにするには、どこからどの程度の脂肪を吸引すべきか本人が判断するのは難しく、費用もどのくらいになるか想定しづらいのが実際です。目指す体型によっては吸引箇所も増やすことになり、その分費用も高くなっていきます。

脂肪吸引したい部位が複数ある場合は、クリニックにボリュームディスカウント(複数の部位を脂肪吸引する場合に安くなる仕組み)や、セットでお得になるプランがあるかを確認してみると良いでしょう。

脂肪吸引の費用には医療ローンが使える

全身の脂肪吸引をする場合の費用は、相場で計算するとおよそ150万円以上です。1つの部位だけであっても、20万円前後は必要になります。手持ちが少なく自腹で費用を支払うのが難しい場合には、医療ローンを使うのもひとつの方法です。

医療ローンは、クリニックが提携している信販会社ローンのほか、銀行などの金融機関でも扱っています。それぞれの特徴を以下にまとめましたので、ローンを検討する際は参考にしてみてください。

提携信販会社の医療ローンはクリニックで申し込める

クリニックによっては、提携している信販会社の医療ローンを利用できます。ローンの申し込みはクリニックで行えるため、自分で借入先を調べたり別途申し込み手続きをする手間はありません。また、信販系医療ローンは銀行のローンよりも審査が通りやすく、借入までの期間も短いため、比較的早く利用できるのもメリットです。

ただし、金利は銀行のローンに比べて高いため、負担が大きくなるのはデメリットです。負担が増えたとしてもすぐに施術ができる方が良い、手軽さを優先したいという場合には、信販会社の医療ローンが向いています。

銀行の医療ローンは低金利で負担が少ない

銀行で扱っている医療ローンは、提携信販ローンよりも低金利なため負担を抑えられるのが魅力です。しかし、その分審査が厳しく、借入までに2週間程度かかる場合もあるため、余裕をもって申し込む必要があります。

なお、銀行によって医療ローンの対象となる治療が異なるため、脂肪吸引が対象になっているかどうかは必ず確認しましょう。

脂肪吸引の費用に使える低金利なローンを探すならクラウドローンが便利

低金利なローンを利用したい場合には、銀行が扱う医療ローンがおすすめです。なお医療ローンを扱っている銀行は多くはないため、使いみちが自由なフリーローンやカードローンも併せて検討すると良いでしょう。

脂肪吸引の支払いに使える低金利なローンを探すなら、クラウドローンが便利です。クラウドローンは、お金を借りたい人とお金を貸したい銀行をつなぐ、日本初の融資マッチングプラットフォーム。希望の条件を登録して待っていれば、融資可能な銀行から直接ローンプランの提案を受け取れます。

医療ローンだけでなくフリーローンやカードローンもまとめて探せて、比較しながらローンを選べるのもポイント。本申し込みもオンラインで完結できるので手軽です。まずは3分でできる無料登録を始めてみませんか。

脂肪吸引は費用だけでなくクリニックの技術や実績にも注目して選ぼう

脂肪吸引は短期間で確実に痩せられる施術ですが、費用や身体への負担など、慎重に検討しなければならないこともあります。メリットだけでなく、デメリットもしっかりと理解した上で受けましょう。
また、クリニックは安さだけで選ぶのではなく、技術や施術後のケアなどを踏まえて総合的に判断することが大切です。費用相場を参考にしながら、価格・技術ともに納得できるクリニックを選びましょう。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2024年04月17日
医療ローン
自毛植毛の平均的な費用はいくら?施術方法や費用の違いを徹底解説
AGA(男性ホルモン型脱毛症)は、男性ホルモンの影響で生え際や頭頂部の毛髪が薄くなる脱毛症です。その治療法のひとつに自毛植毛があります。男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部の毛髪を皮膚組織ごと採取し、薄毛が気になる部位に移植する治療法です。継続的なメンテナンスが不要な自毛植毛は、近年注目を集めていま...
2024年04月16日
医療ローン
トミージョン手術の費用相場はどれくらい?手術方法や大切なポイントを解説
トミージョン手術とは、「肘(ひじ)の内側側副靱帯を再建する手術」のこと。最近では、アメリカのメジャーリーガーや日本のプロ野球選手、大学野球選手に限らず、中高生の野球選手も受けるようになりました。この記事では、トミージョン手術の費用相場や手術方法、メリットデメリットなどについて解説していきます。トミー...
2024年04月08日
医療ローン
クマ取りの平均費用はいくら?クマの種類ごとの原因や施術方法を解説
目の下にクマがあると疲れて見えたり、老けて見えるなど、クマによって顔の印象が変わります。クマができる原因は生活習慣によるものや、加齢などさまざま。クマ取りをしたいけれど、どのくらい費用がかかるのかと気になっている方もいるのではないでしょうか。クマができる原因とクマ取りの施術別の費用について解説します...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる