1. ホーム
  2. 医療ローン

美容整形にかかる費用はどれくらい?平均的な費用相場や支払方法を解説

近年、手軽に受けられる美容整形が普及し、施術を希望する人も増えています。しかし、美容整形には「どのくらいの費用がかかるのか?」「どんなリスクがあるのか?」といった心配も付きものです。
今回は、美容整形の中でも人気の高い「顔」の施術について、費用相場や効果、メリット・デメリットを詳しく紹介していきます。また、高額な整形費用の支払いにおすすめの方法を解説しますので、是非参考にしてください。

美容整形の費用はクリニックにより異なる

保険診療は治療の種類によって費用が決まっていますが、自由診療である美容整形は、クリニックが独自に費用設定できるため、同じ施術でもクリニックによって費用が異なっています。また、全額自己負担となるので料金は高額な場合が多いです。

ただし、美容整形にもある程度の費用相場があるため、あまりにも低価格・高価格な料金を表示している場合は「本当に適正なのか」を見極める必要があります。以下に美容整形の費用相場を紹介していきますので、参考にしていただき、医師の技術やクリニックの姿勢なども併せて総合的に判断しましょう。

目元の整形費用相場

美容整形のなかで最も人気のある箇所は「目元」です。近年は、目元の整形と一口にいってもさまざまな方法があり、あらゆるニーズに対応しています。それぞれの施術方法や費用相場、得られる効果について解説していきますのでぜひお役立てください。

二重整形でぱっちりした目元に

施術項目費用相場効果
二重整形(埋没法)3~30万円程度二重まぶたの持続(数年)
二重整形(切開法)20~40万円程度二重まぶたの持続(半永久的)

〈埋没法〉

まぶたを糸で固定して二重をつくる方法で、施術時間やダウンタイムが短いメリットがあります。効果は永久ではありませんが、納得できなければ取ったりやり直すことも可能で、料金は切開に比べると安価です。
使用する糸の種類や結び方、病院ごとの施術法によって料金は変わってきます。

〈切開法〉

切開法はまぶたにメスを入れて二重をつくる方法で、施術後しばらくは腫れが目立つのがデメリットです。しかし効果は半永久的なため、「何度もやり直したくない」「二重をずっと維持したい」といった方には魅力的な方法といえます。料金は埋没法よりも高いのが一般的です。切開法の場合は、独自の施術方法を採用しているクリニックも多いため、金額の差が大きいと言われています。また施術者のまぶたの脂肪の量によっても変わります。

目頭や目尻の切開で目を大きく

施術項目費用相場効果
目頭切開10~50万円程度目の幅を鼻側へ広げる
目尻切開20~30万円程度目の幅を広げたり、たれ目にする

〈目頭切開〉

目頭にある蒙古襞を切開して、目の幅を鼻側に広げる施術です。二重整形と同時に施術することが多く、広めの二重幅や平行二重を希望する方にも向いています。まぶたが重い・目元の印象を大きく変えたい方は、目頭切開の費用も加えて計算しておきましょう。

〈目尻切開〉

目尻切開は、目尻の皮膚を切開して目の幅を広げる施術です。目尻が垂れ目になるように切開する「垂れ目切開」を希望する場合は、通常の目尻切開よりも費用が高くなる傾向があります。

眉下切開や脂肪除去で若々しい目元に

施術項目費用相場効果
まぶたのたるみ取り(眉下切開)40~60万円程度眉下を切開してまぶたを引き上げる
目の下のくま・たるみ取り(脂肪除去)5~25万円程度まぶたや目の下の脂肪を除去

〈眉下切開〉

眉の下あたりを切開して余分な皮膚を切除する施術で、目の開きをよくするリフトアップの効果や、目と眉の間隔を狭める効果があります。まぶたの厚みや目元のたるみ改善に有効です。

〈脂肪除去〉

余分なまぶたの脂肪や、目の下のくま・たるみ除去のためにおこなわれます。上まぶたの脂肪除去は二重整形と同時におこなうことも多く、ぱっちりとした目元をつくるのに有効です。目の下のたるみとりは、下まぶたの内側からたるみの原因となっている脂肪を取り除くことで、目元を若々しい印象に導く効果があります。

鼻の整形費用相場

「鼻」は、目元と同様に人気のある整形箇所です。鼻の高さを出したり幅を小さくするなどさまざまな施術方法があり、効果は一時的なものから半永久的なものもあります。施術方法それぞれのメリットやリスクも理解した上で、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

ヒアルロン酸注射やプロテーゼでスラっと高い鼻筋に

施術項目費用相場効果
ヒアルロン酸注射4~10万円程度鼻筋を高くする(半年から1年程度)
プロテーゼ挿入15~30万円程度鼻筋を高くする(半永久的)

〈ヒアルロン酸注射〉

メスを使わずに鼻筋を高くすることができるので、ダウンタイムや副作用の心配が少ないのはメリットです。しかし、効果は半年〜1年程度なため、定期的に再注入する必要があります。

〈プロテーゼ挿入〉

鼻孔内を切開してプロテーゼを挿入し、鼻筋を高くする方法です。施術時間やダウンタイムはかかりますが、半永久的な効果が得られます。プロテーゼ自体は医療用のシリコンとなっており、人体には無害です。

小鼻縮小ですっきりとした鼻に

施術項目費用相場効果
小鼻縮小(切開法)20~30万円程度広がった小鼻を小さくする
小鼻縮小(埋没法)10~30万円程度小鼻を糸で結び小さくする
脂肪溶解注射1~2万円程度脂肪を溶かして小鼻を小さくする

〈小鼻縮小 切開法〉

小鼻を小さくしてスッキリとした印象にしたり、鼻の穴を目立たなくする効果があります。切開法の場合は、小鼻の内側(鼻腔の内側)の皮膚を切除する方法か、鼻翼の外側の皮膚を切除する方法があります。効果は半永久的です。

〈小鼻縮小 埋没法〉

小鼻に糸を通して結ぶことで小鼻を小さくする方法です。切開しないのでダウンタイムがほとんどなく、糸を除去すればもとに戻せるメリットもあります。しかしその反面、糸が切れてもとに戻ってしまう可能性もあります。

〈脂肪溶解注射〉

余分な脂肪が原因で小鼻が膨らんでいる場合は、脂肪溶解注射も有効です。小鼻に脂肪を溶かす効果のある薬剤を注射することで、小鼻を小さくすることができます。変化もゆるやかで自然なため気付かれにくく、費用も抑えられるメリットがあります。

鼻尖形成でだんご鼻を解消

施術項目費用相場効果
鼻尖形成(切開法)20~50万円程度鼻先を高くする
鼻尖形成(埋没法)10~20万円程度鼻の軟骨を糸で結び鼻先を細くする

〈鼻尖形成 切開法〉

切開して鼻の軟骨の形状を修正し鼻先を細くする方法や、鼻先に耳の軟骨を移植する方法(耳会移植軟骨)があり、これらを組み合わせることもあります。鼻先の丸み(だんご鼻)を解消し、シャープな印象にすることが可能です。

〈鼻尖形成 埋没法〉

鼻に糸を通して軟骨以外の組織を操作し、鼻先を細くする施術です。切開法に比べると大きな変化は感じにくく、糸が緩むなどして効果が落ちていくリスクはありますが、ダウンタイムが少なく傷跡が残らないメリットがあります。

フェイスラインの整形費用相場

顔の大きさやエラの張り、頬のたるみ、二重あごなどを改善するフェイスライン整形。施術にはさまざまな種類がありますが、ここでは脂肪にアプローチできる「脂肪溶解注射」「脂肪吸引」「脂肪除去」についての効果や費用を紹介します。

脂肪にアプローチしてスッキリフェイスライン

施術項目費用相場効果
脂肪溶解注射2,000~2万円程度注射により脂肪を溶かして排出を促す
脂肪吸引10~40万円程度小さな穴から脂肪を吸引してフェイスラインを引き締める
脂肪除去20~35万円程度若々しい小顔になる

〈脂肪溶解注射〉

脂肪溶解注射は、脂肪細胞を分解する薬剤により脂肪細胞を減少させ、フェイスラインをスッキリさせる効果があります。顎下や頬など気になる箇所をピンポイントで手軽に治療でき、費用も手頃なのがメリットです。

〈脂肪吸引〉

ダイエットでは落としにくい頬や顎下の脂肪を確実に除去するためには、脂肪吸引も有効です。切開した数ミリの穴に専用の細い吸入管を入れて、脂肪を吸引します。脂肪細胞自体を減らすことができるため、リバウンドもしにくいとされています。

〈脂肪除去〉

口元や顎周辺のたるみ、シワの原因となる顔の内側にある脂肪「バッカルファット」を除去することで、フェイスラインや口元を整えることができます。そのほか、ほうれい線の上にある脂肪「メーラーファット」除去や、口角の下付近にある脂肪「ジョールファット」除去などもあります。いずれもわずかな切開や穴をあけて脂肪を除去します。

アゴやエラを骨格から整える

施術項目費用相場効果
アゴ切り100~120万円程度アゴの骨を切って長さや形を整える
エラ切り100~140万円程度すっきりとした輪郭に整える

〈アゴ切り〉

さまざまな術法がありますが、代表的なものは水平骨切り術(中抜き法)です。アゴの長さを短縮できるほか、前後左右の位置調整・改善が可能で、バランスの良い口元と美しいフェイスラインをつくることができます。全身麻酔にて口腔内の切開がおこなわれます。

〈エラ切り〉

口腔内を切開してエラの骨を切除する施術。正面からみたときの顔の幅がほっそりとし、横顔のラインが整う効果があります。アゴ切り同様、顔の外側には傷ができないので、他人からは手術したことがわかりにくいのもメリットです。

たるみをなくして若々しいフェイスラインに

施術項目費用相場効果
ハイフ3~10万円熱エネルギーを照射して肌を引き締める
糸リフト20~40万円糸でたるみを引き上げる
切開リフト50~200万円たるみを切開し、除去する

〈ハイフ〉

高密度の超音波を、肌奥にある特定の筋膜層に照射してダメージを与え、コラーゲンやエラスチンの生成を促す施術です。表面の皮膚を傷つけることなく、リフトアップ効果が得られます。

〈糸リフト〉

時間が経つと体内に吸収される特殊な糸を肌の下に通し、肌を引き上げることによってたるみを改善する施術です。メスを入れずにリフトアップできるメリットがありますが、効果の持続期間は1ヶ月〜6ヶ月程とされているため、定期的に施術を受ける必要があります。

〈切開リフト〉

皮膚を切開して顔のたるみを引き上げる方法で、フェイスラインや首のシワ・たるみを改善する効果があります。5〜10年程は効果が持続するため、短期間で何度も施術を繰り返す必要はありません。

整形費用の支払方法は主に3種類

整形費用は高額な場合が多いため、無理のない支払い方法を選択することが大切です。ここでは主な支払い方法である「現金」「クレジットカード」「医療ローン」の3種類について、それぞれのメリット・デメリットも併せて解説していきます。

手数料がかからない「現金払い」

現金払いの場合は、施術前に一括で支払うのが一般的です。まとまったお金を準備しなければならない点や貯蓄が一気に減ってしまうのはデメリットといえますが、手数料などがかからず余計なお金を支払う必要がないのはメリットです。

手軽に利用しやすい「クレジットカード払い」

クレジットカードの利点は支払いがスムーズにできることです。また一括払いであれば手数料もかからず、ポイントもついてお得になるメリットがあります。一括払いだけでなく分割払いもできるため、状況に応じた支払いも可能です。

ただし、分割払いの場合は分割手数料に注意してください。支払い期間が長くなるほど総支払額は増えることになるので、できるだけ少ない分割回数にすることが重要です。

また、クレジットカードには利用限度額が設定されているため、上限額が低かったり、ショッピングなどですでに上限近くまで利用している場合は、全額をクレジットで支払えないこともあります。利用状況は事前に確認しておきましょう。

金利が低めで高額な整形費用にも「医療ローン」

医療ローンは、保険適用・適用外に関係なく、医療費の支払いに利用できる便利なローンです。美容整形の費用にも使えますが、ほかのローンと同じように審査があるため、誰でも利用できるわけではありません。

医療ローンには、クリニック提携の信販会社が扱う「信販系医療ローン」と、銀行や信用金庫が扱う「銀行系医療ローン」があります。

信販系医療ローンは、クリニックで申し込めるため手続きがラク、借入までの期間が短い、審査に通りやすいなどのメリットがありますが、銀行系に比べると金利が高いことがデメリットです。返済負担が増えたとしても、「できるだけ早く借りたい」「審査が不安」といった方には信販系医療ローンが向いているでしょう。

銀行系医療ローンは、自分で申し込み手続きをする必要はありますが、低金利なため返済負担が少なく済むのがメリットです。ただし、そのぶん審査は厳しく、借入までに時間がかかるデメリットもあります。「多少時間はかかっても先々の負担を軽くしたい」と考える方には、銀行系医療ローンがおすすめです。

整形費用に使えるローンをクラウドローンで探してみよう

手持ちのお金が少なく現金やクレジットカード払いが難しい場合は、医療ローンを利用するのもひとつの手。銀行系の医療ローンであれば、低金利なため少ない負担で利用することも可能です。

しかし、医療ローンを扱っている銀行は少ないため、効率的に探す必要があります。そこでおすすめなのが「クラウドローン」です。クラウドローンは、お金を借りたい個人とお金を貸したい銀行をつなぐ、融資マッチングプラットフォームです。融資可能な銀行から直接ローン提案を受けられるので、目的の美容整形に使えるローンが手間なく探すことができます。

複数のローンを比較することもできるので、より低金利で希望に沿ったローンを探せるのもポイント。まずは3分でできる簡単な無料登録を始めてみませんか。

美容整形は費用が安いだけでなく信頼できるクリニックを選ぶことも大切

美容整形は、「費用がほかと比べて安いから」という理由で選ぶと、納得のいく効果が得られず後悔することもあります。また「有名なクリニックだから安心」「料金が高いから安心」といった考えも危険です。

まずはカウンセリングを受けて、希望する整形のメリット・デメリットを聞き出しましょう。その上で、本当にその施術が必要なのか、このクリニックで良いのかなどじっくり検討してから契約することが大切です。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2024年04月16日
医療ローン
トミージョン手術の費用相場はどれくらい?手術方法や大切なポイントを解説
トミージョン手術とは、「肘(ひじ)の内側側副靱帯を再建する手術」のこと。最近では、アメリカのメジャーリーガーや日本のプロ野球選手、大学野球選手に限らず、中高生の野球選手も受けるようになりました。この記事では、トミージョン手術の費用相場や手術方法、メリットデメリットなどについて解説していきます。トミー...
2024年04月08日
医療ローン
クマ取りの平均費用はいくら?クマの種類ごとの原因や施術方法を解説
目の下にクマがあると疲れて見えたり、老けて見えるなど、クマによって顔の印象が変わります。クマができる原因は生活習慣によるものや、加齢などさまざま。クマ取りをしたいけれど、どのくらい費用がかかるのかと気になっている方もいるのではないでしょうか。クマができる原因とクマ取りの施術別の費用について解説します...
2024年01月31日
医療ローン
変形性膝関節症の治療の流れや費用相場|手術の種類や再生医療も解説
中高年の膝の痛みの原因の多くは変形性膝関節症で、階段の昇り降りや歩行が困難になるなど生活の質の低下をもたらします。変形性膝関節症の治療は症状の進行に応じて保存療法から手術療法に移行するのが一般的ですが、近年は再生医療を取り入れる方も増えています。今回は、変形性膝関節症の治療の流れのほか、手術の種類ご...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる