1. ホーム
  2. 医療ローン

医療ローンの金利はどれくらい?フリーローンやカードローンとの比較や金利の低い医療ローンを探す方法も紹介

医療ローンとは目的別ローンのひとつで、治療や入院、保険がきかない審美歯科や美容整形のために借入することができます。利用目的が限定されているため低金利で借入できるのが魅力です。医療費の借り入れにはフリーローンやカードローンも利用できます。

それぞれのサービス内容や金利を紹介しますので、返済に無理のない借入をするための参考にご覧ください。

医療ローンの金利は種類によって差がある

保険適用の範囲で病院にかかった時の医療費は、現役世代であれば3割負担ですが、保険適用外の医療行為を受ける場合は、医療費の全額を自己負担しなければなりません。審美歯科、美容外科、レーシック、不妊治療、がん先進医療などは保険適用外になるため、費用は高額になる傾向があります。医療ローンは使い道が限定されるため、フリーローンやカードローンに比べて低金利で借りられるのが魅力です。医療ローンについて詳しく解説していきます。

銀行系医療ローンの金利は2.5~10%程度

「医療ローン」は、資金使途を治療や入院などにかかる費用に限定しているため、使途を証明する書類が必要になります。審査結果が出るまでおよそ数日から2週間程度かかるので、支払いまでに余裕がある人に向いています。

時間をかけて審査する代わりに、フリーローンやカードローンなどに比べると金利が2.5%〜10%程度で低めになっています。借入金は自分の口座に振り込まれ、自分がクリニックに支払いする流れになります。

「医療ローン」は目的別ローンの1つですが、扱っている銀行があまりありません。その場合はフリーローンやカードローンで検討する必要があります。

信販系医療ローンの金利は4~14%程度

信販系の医療ローンは病院と提携していて、病院経由でローンを申し込むことができるので、自分で探して契約するなどの手間がかからないメリットがあります。

金利は銀行系医療ローンに比べると割高で4〜14%程度です。審査は通過しやすく結果が出るのも1時間程度で、融資がすぐに始められます。

18歳以上でアルバイトなどで一定の収入があれば、保証人も不要でローンが組めたり、病院によっては複数の信販系医療ローンから選べる場合もあります。

信販系ローンは手軽に契約できますが、金利が高めなので利息などの借入条件をよく把握してから決めるようにしましょう。

医療ローン以外のローンの金利も比較

医療ローンは、銀行や信販会社などでの取り扱いが少ないので、条件に合う医療ローンが見つからない場合は多目的ローンやフリーローン、カードローンで借入することを検討しましょう。

金利、使い道、審査の難度について下の表にまとめました。多目的ローンは使い道がある程度限定されたり、カードローン金利が少し高めなどの特徴があります。3つのタイプのローンについてそれぞれ詳しく説明します。

  多目的ローン フリーローン カードローン
金利 3~10%程度 3~15%程度 4.5%~18%程度
使いみち 資金使途が明確なもの 自由 自由
審査 やや厳しい 通りやすい 通りやすい

多目的ローンを医療ローンとして使える場合もある

多目的ローンは資金使途が明確な場合に利用できるローンです。申し込みする場合は必ず資金使途のわかる書類の提出が求められ、金融機関が審査して認められなければ借り入れができません。多目的ローンの資金使途の例は次の通りです。

  • ブライダル資金
  • 引越し
  • 旅行
  • 家具、家電
  • キャリアアップのための学習関連資金
  • エステ
  • 歯科治療 など
    (事業性資金、投機資金、不動産購入資金は除く)

フリーローンは用途を問わず利用できる

フリーローンは、借入金の使い道に制限がない個人向けローンです。医療費や旅費、引越し費用、冠婚葬祭など、事業性資金をのぞいて、何にでも利用できます。金利は3〜15%程度で目的型ローンに比べると高めです。

借入金を一括で受け取り、そのあとは月々決まった額を返済するので、返済管理がしやすい利点があります。融資されるまでやや時間がかかる傾向があり、即日お金が必要な場合には向きません。銀行、信販会社、消費者金融で取り扱っています。

カードローンは上限金額までなら繰り返し利用可能

カードローンもフリーローンと同じように資金使途が自由です。コンビニのATMや銀行などで現金を手軽に引き出せます。必要な金額だけ借りられるので、治療にかかる総額がわからない場合に向いています。利用限度額を決めて申し込むので、その範囲内であれば何度でも借り入れができます。上限の金利は20.00%で、相場は年率4.5%〜18%程度です。銀行、信販会社、消費者金融で取り扱っています。

医療ローンのおすすめ2選

医療ローンは目的別ローンで使い道が限られる分、低金利なのが魅力です。銀行の医療ローンでおすすめの商品をご紹介します。申し込みの条件、金利や申し込み条件などそれぞれ特徴が違いますので、自分にあうものを探す参考にしてみてください。

中国銀行の医療ローン

中国銀行の医療ローンは、病気やケガの治療、手術費用、入院費用、インプラントや歯列矯正などの歯科治療費用などに利用できます。目的別ローンなのでフリーローンやカードローンに比べて金利が低く抑えられます。突然のケガや病気で治療費が必要になるときでも、申込みから借入れまで通常1週間程度で利用できるので安心です。安定した収入がある18歳〜65歳の方であれば申込みできます。

名称 医療向けローン
金利 年2.975%
返済期間 6か月以上10年以内
使いみち 治療・手術費用、入院・介護施設入居費用など

名古屋銀行の医療ローン

名古屋銀行の医療ローンは高額な治療費が必要な手術支援ロボット「ダヴィンチ」手術や「先進医療」に関する治療費用などに利用できます。借入利率は固定金利で年2.9%で、借入金額は最大1,000万円です。高額な治療費がかかってしまう場合、資金面での不安が生じますが、先進医療ローンで治療に専念することができます。

名称 先進医療費ローン
金利 年2.9%
返済期間 6ヶ月以上~10年以内
使いみち 「先進医療」に関する治療費用および付帯する費用手術支援ロボット「ダヴィンチ」手術に関する費用および付帯する費用

医療に使える多目的ローンおすすめ2選

多目的ローンは使い道をある程度しぼってあるローンです。医療費にも利用できる商品をピックアップしました。医療ローンより若干金利が上がりますが、幅広い要件に利用できます。口座を給与振込や住宅ローンの支払いに使っていると金利を下げてくれるサービスもあります。

横浜銀行の多目的ローン

横浜銀行の多目的ローンは入院や通院などの費用にも利用できます。横浜銀行で住宅ローンの借り入れと給与振込がある場合は、店頭表示金利より年1.0%差し引かれるのでお得です。原則、神奈川県、東京都(一部地域を除く)、群馬県(前橋市、高崎市、桐生市、みどり市)に居住またはお勤めの方が利用できます。別のプランで「先進医療ローン」があり、神奈川県立がんセンターでの重粒子線治療費用専用のローンとなっています。

名称 ライフサポートローン(多目的ローン)
金利 年3.7%~4.7%
返済期間 1年以上10年以内
使いみち 結婚、葬儀・墓石、自身の資格取得や自己研鑽に関する費用、ペット関連(購入・医療費など)、医療・美容、旅行、引越、家具・家電・趣味用品などの購入資金、ご本人または同居されているご家族の自動車運転免許取得資金

池田泉州銀行の多目的ローン

池田先週銀行の多目的ローンは、資金使途が明確なものなら何にでも使えるので、医療、美容、インプラントなどにも利用できます。大阪重粒子センターの重粒子線でのがん治療にも使えます。プレミアムプランが適用されると、年2.875%(変動金利)の特別金利が適用されます。プレミアムプランの適用条件は、池田泉州銀行の営業エリア内にご自宅をお持ちの方(同居家族の方を含む)で、お借入金額が500万円以内の方となります。

名称 多目的ローン
金利 年4.375% (プレミアムプランの場合 年2.875%)
返済期間 6ヵ月以上15年以内
使いみち 資金使途が明確な資金(例)冠婚葬祭、旅行、大型家電購入、他金融機関からの借換え等

使い道自由なフリーローンおすすめ2選

フリーローンは使い道が自由なので、医療費にも利用することができます。医療ローンに比べて、金利が高めになりますが、提出書類が少なく、審査も通りやすくなります。急ぎで必要な場合は便利に使えるローンです。

清水銀行のフリーローン

清水銀行のフリーローンは使い道が自由で、他社のローンのおまとめも可能です。継続して安定した収入のあり、お申込みの年齢が20歳以上で、完済時76歳未満の方であれば、パート・アルバイトの方も利用できます。1,000 万円以内の融資が上限ですが、専業主婦の方は50万円以内の融資となります。学生の方は対象外です。契約までに当行普通預金口座(返済用口座)が必要となります。口座開設のお申込みは、清水銀行アプリが便利です。

名称 しみずフリーローン
金利 年3.0%~14.0%
返済期間 6 ヶ月以上 10 年以内
使いみち 自由(事業性資金は除く)

伊予銀行のフリーローン

伊予銀行のフリーローンは、使い道が自由で医療費にも使うことができます。Web申込、または伊予銀行の口座を持っていない方の電話申込の場合は金利が安くなります。申し込めるのは、申し込み時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方で、いよぎん保証(株)もしくは(株)オリエントコーポレーションの保証が受けられる方です。いよぎんポイントサービスに加入していると、コンビニATM入金手数料が毎月4回まで無料で利用できます。

名称 フリーローン
金利 年4.0%~10.0%
返済期間 6か月以上10年以内
使いみち 自由(事業性資金は除く)

低金利の医療ローンをクラウドローンで探してみよう

医療ローン、フリーローン、カードローンなどさまざまある中で、どれが自分の条件に合うのか、忙しい日々の中で自力で探すには限界があります。

そこでおすすめなのが「クラウドローン」です。クラウドローンはお金を借りたい人と融資したい銀行をつなぐ日本初の金融プラットフォームです。希望する借り入れ条件を登録すると、条件にマッチした銀行から直接プランの提案を受けられます。医療ローンだけでなく多目的ローンやフリーローンも一緒に探すことができます。

登録はホームページの簡単な質問に答えるだけです。気軽に希望する借入条件を登録してみましょう。

医療ローンは金利をチェックして選ぼう

医療ローンについて商品内容やおすすめの金融機関をご紹介しました。治療や入院で急な出費が必要になったり、保険適用外の施術を受ける場合に低金利で借入できる便利なローンです。医療ローンとして用意している銀行は少なく、多目的ローンとして商品化しているところが多いようです。フリーローンやカードローンも医療費として利用できるので、借入する際は、返済のことも考慮して金利をチェックして選ぶようにしましょう。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2022年11月25日
医療ローン
大人の歯科矯正の平均的な費用はどれくらい?治療の種類や支払方法も解説
歯並びや噛み合わせが気になり、歯科矯正を始めたいと考える大人は少なくありません。歯科矯正には、歯並びや噛み合わせを改善させるほか、歯磨きがしやすくなることにより虫歯や歯周病を予防し、歯の健康を維持しやすくなるなどのメリットもあります。 この記事では、歯科矯正を始める前に知っておきたい費用と治療方法の...
2022年11月24日
医療ローン
歯列矯正やインプラントは月いくらでできる?費用相場やデンタルローンについて解説
歯列矯正やインプラントの治療は、保険が適用されない自由診療です。自由診療は歯科医院によって費用も異なり、高額の治療費を全額自己負担しなければなりません。そこで今回は、歯列矯正やインプラントの費用相場と高額な歯科治療費を分割して支払えるデンタルローンについて詳しく解説。さらに、歯列矯正やインプラントの...
2022年11月22日
医療ローン
デンタルローンの金利相場は?歯科治療に使える金利の安いローンの探し方も紹介
歯のさまざまな悩みを解決するために行う歯科治療。虫歯や歯周病治療のほかにも、保険適用外となるインプラントや歯列矯正など、見た目や快適さを向上させることのできる治療を希望する人も少なくはありません。 保険適用外の治療は特に高額な費用が必要になるため、手持ちが少ない場合は「デンタルローン」を利用するのも...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる