1. ホーム
  2. フリー・カードローン

ホテル暮らしはいくらかかる?費用の相場やメリット・デメリットを詳しく解説!

ラグジュアリーな雰囲気を楽しめるホテル空間。そんな場所でのホテル暮らしは魅力的であり、現代に合った暮らし方のひとつとも言えるでしょう。長期間のホテル暮らしには、どのくらい費用がかかるかご興味ありませんか?
今回は、ホテル暮らしの費用相場やメリット・デメリットなどを解説していきます。ホテル暮らしを検討している方は、この記事をご参考にされてください。

ホテル暮らしとは?

最近注目を集めているホテル暮らしは、賃貸物件やマンションの代わりに、ホテルにおいて長期滞在するライフスタイルのこと。ホテルには、日常最低限のものは揃っていますが、長期的に暮らすには、ハードルを高く感じる人も少なくありません。

ホテル暮らしをする背景

ホテル暮らしをする背景には、テレワークの普及により、ある時は会社の近く、ある時はリゾートホテルといった多拠点での勤務が可能になってきたことでしょう(職種による)。
くわえて、介護施設へ入居する時のような審査もいらず、防犯面やサービス面、コンシェルジュが常駐している安心感から、ホテル暮らしを選ぶ富裕層のアクティブシニアも増加傾向にあります。

ホテル暮らしをする人、適している人

ホテル暮らしをする人やホテル暮らしに向いている人は、以下が挙げられます。SNSモニターを募集している場合もあるため、興味がある方はチェックしてみてください。

  • 富裕層の方
  • アクティブシニア
  • 会社の長期的な研修
  • 受験生の勉強
  • 次の物件に引っ越すまでの中継ぎに利用
  • フリーライターなどフリーランスの方
  • テレワークが多い方
  • ミニマリスト など

ホテル暮らしの費用相場

ホテルの宿泊料は、費用体系がシンプルでわかりやすく、月々の収入に応じて、次のホテルに移れるのも魅力のひとつ。そのため、「月々出せる費用はここまで」とボーダーラインを決めておくと良いでしょう。

次にホテル暮らしにかかる費用について、詳しく解説していきます。

1ヶ月のホテル暮らしにかかる宿泊費用

1ヶ月のホテル暮らしにかかる費用は、1泊4,000~6,000円程度の宿泊費(水道光熱費・通信費込み)が目安であり、1ヶ月につき12万~18万円程度かかるでしょう。部屋の広さやサービスにより宿泊費は変動し、食事代や駐車場費用などは、宿泊費用に含まれないことが多いです。

具体例としては、東京の日本橋にあるホテルの月額プランの場合、1室あたり1ヶ月22.5万~25万円程度になり、15日程度で11万~13万円程度かかります。部屋を使用しない日を事前申請すれば、8,000円程度値引きしてくれるケースもあります。

東京帝国ホテルの月額プランは、30~50平米ほどの部屋が、1室あたり5泊料金で17.5万~44万円程度(サービス料・消費税込、宿泊税別)かかります。1ヶ月に換算すると、105万~264万円程度になるでしょう。

そのほか、リーズナブルなホテルは月額12万円程度になりますが、ハイシーズンになると、料金が上がることも。都心やイベント会場は高額になる傾向があり、2024年5月現在においては、インバウンドの影響で宿泊費が上昇傾向にあります。ホテルの予約が取りづらい可能性もあるため、ご注意ください。

食費

食費は、1日2,000~3,000円程度とすると、1ヶ月6万~9万円程度になるでしょう。部屋には小さい冷蔵庫のみなことが多く、電子レンジが使えない場合は、外食が増えるでしょう。ホテル暮らしは、洗い物も減り、余計な食材ストックや廃棄も減りますが、費用を抑えたい場合は、キッチン付きのホテルをお選びください。

ランドリー費用

ホテル暮らしでは、コインランドリーを利用することが大半です。ホテル外の安めのコインランドリーを使う場合、かさばる洗濯物を持ち運ぶ必要があります。

ホテルのクリーニングサービスは、高めの価格設定がされており、受付時間や仕上がり時間が決められていることが多いです。なお、ホテルのタオルは、ルーム清掃の際、新しいタオルに交換してくれるでしょう。

上記以外かかる費用

上記以外にかかる費用は、交通費、娯楽費、洋服代、書籍費、日常必需品などが挙げられます。アメニティーやペーパー類のメーカーにこだわる方は、別途購入費用がかかります。
書籍や衣服などは荷物になるため、購入前によく検討するようにしてください。

費用をかけてホテル暮らしをするメリット

ホテル空間は、リッチな雰囲気が楽しめるうえ、気分次第で気軽にホテルへ移り住めるのも魅力のひとつ。なかには、ホテルのフロントに大きめの荷物を預けられる場合もあります。

それでは次に、ホテル暮らしのメリットについて具体的にご説明していきます。

引っ越しの初期費用もかからず、転居しやすい

1点目のメリットは、引っ越しの初期費用が不要であり、引っ越しやすい点です。平均額40万円程度にものぼる敷金・礼金・引越し代・前家賃、退居費用も払う必要がなく、入居審査や賃貸契約、役所への転入転出の届出なども不要です。
場合によっては、賃貸にかかる費用と比べて、数万円しか変わらないケースもあります。

また、ホテル暮らしは自由に引っ越せるため、隣人トラブルもすぐ解決することができ、駅チカ、郊外、地方のホテルなど、自由に住む場所を選ぶことができます。
ただし、荷物の量は自力で運搬できるくらいが目安になるでしょう。

家具と家電などが揃っている

2点目のメリットは、家具や家電が揃っていることです。具体的には、寝具やソファー、机、鏡、エアコン、照明器具、空気清浄機、加湿器、テレビ、Wi-Fi、充電用USB、電気ケトル、ドライヤー、小さめの冷蔵庫が挙げられます。
万が一、家電が故障しても、ホテル側が交換の手配をしてくれるうえ、退居時に宿泊者が処分する必要もありません。

光熱費を節約できる

3点目のメリットは、冷暖房費、水道代、電気代といった光熱費がかからないことでしょう。なお、ホテルのなかには、1日あたり数百円の水道光熱費がかかる場合もあるため、ご注意ください。

立地条件が良い

4点目のメリットとして、ホテルは立地が良い場所に建てられている点です。都心や駅チカなど交通機関へのアクセスも良く、雨に濡れずにホテルへ到着できる場合があります。

清掃をお願いできる

5点目のメリットは、宿泊している部屋や風呂、トイレの清掃を定期的に行ってくれる点です。そのほか、ベッドメイキング、ゴミ出し、アメニティの補充、備え付けのリネンやルームウェアなどの交換もお願いできます。

一般的には、およそ3日に一度、朝10~16時の間に部屋の清掃を行います。宿泊者は清掃中部屋内にとどまれない場合があるため、室内の貴重品の管理についてご注意ください。

ホテルサービスや施設が使える

6点目のメリットは、ルームサービスやコンシェルジュといったホテルサービスが受けられるとともに、ホテルの施設が気軽に使えることでしょう。

ホテルの施設には、レストラン、温泉などの大浴場、サウナ、ジャグジー、フィットネスクラブ、エステ、ワーキングスペース、プール、海水浴場、提携ゴルフ場、テニスコート、タクシーサービス、送迎バス、カラオケ、会議室などが挙げられます。

費用をかけてホテル暮らしをするデメリット

お目当てのホテルが見つかったら、必ずメリット・デメリットの口コミをチェックしてください。ホテル暮らしを開始してから、多くの不便さを感じてしまうことは避けたいところです。ここからは、ホテル暮らしのデメリットについて解説していきます。

費用がかさむことがある

1点目のデメリットは、月々にかかる費用が安くはないため、あらかじめまとまった資金を用意しておかなければならない点です。ホテルはサービス料もかかるため、予想外に割高になることも。そのほか、外食も増えたり、洗濯にかかる費用も考慮しておきましょう。

そのほか、季節外れの洋服や大切な私物を、実家やトランクルームなどに預けたり、預け先まで取りに行く費用と手間がかかることがあります。

内装は変えられない

2点目のデメリットは、インテリアや家具を変えることができず、家具を持ち込めないことでしょう。なお、備え付けのものを壊したり汚した場合は、弁償になるケースもあります。

住民票をホテルに移せない

3点目のデメリットは、ホテルに住民票は移せない(置けない)ことが多く、法人の住所登記もできないことが大半です。

年間契約している長期滞在の人でも、ホテルに住民票を置くことはほとんどできません。そのため、ホテル暮らしの方は実家の住所に住民票を置く人が大半です。
住民票については市区町村の見解にもよるため、詳しくは役所までご相談ください。

郵便物の受け取りが困難

4点目のデメリットは、郵便物の預かりサービスがないことが多く、別途私書箱を設けたり、コンビニ受け取りにしてもらう必要がある点です。

フロント受け取りが可能な場合は、送り状に【宛先の住所、「フロント気付」、部屋番号、名前】を記入しておけば、スムーズに受け取ることができるでしょう。

友人の招待や宿泊が気軽にできない

5点目のデメリットは、借りている部屋に友人を招いたり泊めることは基本的に不可能です。そのため、友人とはホテルのラウンジやカフェなどで会うのが無難でしょう。

ホテルによっては、追加料金を出すことにより、友人や家族の招待及び宿泊が可能なケースもあります。

騒音が気になることがある

6点目のデメリットは、騒音。ホテルは、一般住宅よりも壁や床が薄い構造が多いため、隣の部屋の話し声や廊下を歩く音などが聞こえる場合があります。
自身も、大きな音や声を控える必要があり、ストレスが溜まってしまう場合があります。

ホテル暮らしの費用にはフリーローンが使える

ホテル暮らしをする際、事前に一括決済が必要だったり、一週間ごとの決済を求められるため、ある程度まとまった費用が必要になります。

ホテル暮らしの費用に使えるローンをお探しなら、クラウドローンがおすすめ。クラウドローンは、お金を借りたい人と融資したい金融機関をつなぐプラットフォームです。必要項目を登録後、申請を一度出せば、複数の銀行から最適な融資プランを受け取ることができます。無料診断も最短3分で完了するため、資金調達をご検討の方は、お気軽にお試しください。
また、申し込みから借り入れまでWEBで完結できるため、地方のホテルに滞在中でも、スムーズに手続きを進めることができます。

計画的に費用を用意して夢のホテルライフを実現しよう

夢のホテル暮らしを実現させるポイントは、確実な資金計画とある程度の資金を準備しておくことでしょう。万が一、費用が不足してしまう場合は、クラウドローンをご活用ください。低金利のローンを賢く使えば、念願のホテル暮らしをお得に叶えられるうえ、手持ちの資金があるという安心感が得られます。また、貯蓄を残しておきたい場合も役立つでしょう。まずは、無料診断をお試しください。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2024年06月18日
フリー・カードローン
山林伐採にかかる費用はどのくらい?費用を抑えるコツや補助金申請についても解説
近年、キャンプブームや投資目的などで、山林の購入を検討する人が増えています。親や親族から山林を相続した、という方もいるでしょう。山林の所有は、自分の土地でレクリエーションが楽しめるだけではなく、山林業者への貸し出しや木材の売却などで利益を生み出す可能性もあります。反面、定期的に伐採や手入れを行わない...
2024年05月29日
フリー・カードローン
浮気調査を探偵や興信所に依頼すると費用相場はどれくらい?自分で浮気調査する方法や費用を抑えるポイントも紹介
夫や妻、彼氏や彼女が浮気していると確信しても、証拠がなければ問い詰めたり慰謝料を請求するのは困難です。ある程度は自分で調査することもできますが、確実に証拠をつかみたい場合は探偵に依頼するという手もあります。この記事では、探偵に浮気調査を依頼したときの費用の相場や費用を抑える方法を解説します。また、自...
2024年05月24日
フリー・カードローン
【2024年最新】ハワイ旅行の費用はいくら?旅行前にかかる費用と現地でかかる費用まとめ
コロナ前から継続して人気の高いリゾート地「ハワイ」。海外旅行初心者の方でも旅行しやすく、一度は行ってみたいと思う方は少なくないでしょう。今回は、そんなハワイの旅行費用について、内訳と各費用の目安を解説していきます。さらに、ハワイの旅行費用を抑えるためのポイントや、費用が足りない場合に便利なローンにつ...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる