1. ホーム
  2. フリー・カードローン

フリーローンとカードローンの違いとは?どちらを選ぶべきかケース別に解説

「フリーローン」と「カードローン」はどちらも利用目的にあわせて自由に借り入れられるローンです。一見すると似ているこの2つのローンですが、内容の詳細や利用方法には違いがあり、どちらのローンを選べばいいのか迷うこともあるはずです。

この記事ではフリーローンとカードローンの内容の違いを、それぞれのメリット・デメリットとともに徹底解説。さらには、フリーローンとカードローンどちらのローンを選ぶべきかをケース別に分けて紹介しながら、選び方のポイントを説明します。

目次

フリーローンとカードローンの違い

使用用途の限定がなく自由に使うことができる「フリーローン」と「カードローン」。しかし、この似た特徴をもつ2つのローンの内容は大きく異なります。どちらのローンを選ぶにしても、それぞれの内容を正しく理解しておくことが大切です。

まずは、フリーローンとカードローンのさまざまな違いについて下記のような表にまとめました。あらかじめ確認しておきましょう。

名称 フリーローン カードローン
資金の使いみち 一定の場合を除き自由(資金使途確認資料は必要) 原則自由(事業性資金は不可)
借り入れ方法 一括借り入れ 必要な都度借り入れ
サービスを提供する会社 主に銀行や信用金庫 銀行、信用金庫、信販会社、消費者金融
金利 低め 高め
融資の上限額 高め 低め
追加融資 不可
返済方式 元利均等返済方式 リボルビング方式
返済方法 預金口座から引き落とし 都合にあわせて選択可
審査の期間 数日~1・2週間 即日の場合が多い

フリーローンとカードローンについて、それぞれの特徴とメリット・デメリットをもう少しくわしく見ていきましょう。

フリーローンとは

フリーローンとは、主に銀行や信用金庫が取り扱っている個人向けのローンのことです。事業用や投資用以外の目的であれば、自由に利用することができるローンです。

フリーローンでは、1回の借り入れごとに使用目的と必要な金額を申請します。審査に通過したら契約書(金銭消費貸借契約証書)を作成し、契約書に記入された金額をそのまま借入れることができます。このフリーローンの貸付形態を「証書貸付」といい、希望の金額どおりに満額借り入れられるところが特徴です。

フリーローンの2つのメリット

フリーローンについて、それぞれのメリット・デメリットをもう少しくわしく見ていきましょう。

1.金利がカードローンに比べて低い

フリーローンのメリットとして第一に挙げられるのは、カードローンに比べて金利が低いところ。金利は扱っている金融機関や借入金額の条件、金利の変動によって異なることもありますが、最終的な返済総額をなるべく少なく抑えたい方におすすめです。

2.契約時に完済までの返済計画を立てられる

フリーローンでは、契約時に借入金額や金利、返済期間や回数をあらかじめ設定し、それらの返済計画に基づいて管理していきます。よって、お金を使いすぎてしまうことはなく、確実に返済ができるところもメリットのひとつといえるでしょう。

フリーローンの2つのデメリット

1.融資実行までにかかる時間が長く、2回目以降も審査が必要

フリーローンのデメリットとして挙げられるのは、融資実行までにかかる時間が長いこと。たとえ、2回目以降も同じ商品で融資を受ける場合であっても、利用ごとに契約が必要になるため、再度ローン審査を受けなければなりません。そのため、早急な対応を必要とする場合には不向きであると言えるでしょう。

2.使用目的も審査の対象

フリーローンでは使用目的も審査の対象になるため、生活費のような漠然とした用途では借りられない可能性が高い点も注意しておく必要があります。

フリーローンが向いているのはこんな人

  • 金利を抑えて確実に返済していきたい人
  • 使いすぎが不安な人
  • 使用目的や金額がはっきりしている人

カードローンとは

カードローンと/は、専用のカードを利用して無担保・無保証人でお金を借り入れられる個人向けローンのこと。銀行や信用金庫だけでなく、消費者金融やクレジットカード会社なども提供しています。

カードローンの貸付形態は、審査の段階であらかじめ利用可能枠(借入限度額)を設定し、限度内であれば何度でも借り入れることができる「当座貸越」です。カードが発行されたら、提携先や専用のATMですぐにお金を受け取れるのが特徴です。

場合によっては、カードが届く前に銀行口座に振り込んでもらうこともできるため、急に現金が必要になったときにも便利です。

カードローンのメリット

1.使い道の自由度が高い

カードローンには審査の際に使用用途の確認がなく、使い道の自由度がさらに高いところがメリットです。利用目的が複数ある場合にも便利に使えます。

2.融資実行までのスピードが早く、2回目以降は審査なし

さらに、借り入れまでのスピードが早く、2回目以降は審査なしで利用できるところが最大のメリット。審査に必要な提出書類などが比較的少なく、フリーローンに比べて審査が通りやすいところもポイントです。

3.1万円からなど少額の借入が可能、利便性が高い

利用限度額の範囲内であれば、必要な時に何度でも借り入れと返済を繰り返すことができ、途中で一括返済することも可能です。1万円からなど小額の借り入れにも対応している、クレジット会社やコンビニなどのATMでも借入・返済ができる、カードローンアプリを使えば24時間いつでも申し込みができるなどの利便性の高さも特徴的なメリットと言えるでしょう。

カードローンのデメリット

1.金利が比較的高め

カードローンの大きなデメリットは、金利が比較的高めに設定されているところです。住宅ローンやマイカーローンなどの他の「目的別ローン」に比べて金利が高い分、それだけ利息も増えていくことを覚悟しておきましょう。

2.借入金額の管理が難しい

限度額内で借入と返済を繰り返すことで、実際の利息がどのくらいなのかがわからなくなりやすく、管理がしにくいところもデメリット。また、何度も利用することで借入している感覚が鈍ってしまう危険性にも注意しなければなりません。

カードローンが向いているのはこんな人

  • 必要な都度借り入れたい人
  • すぐにお金が必要な人
  • 少額を借りたい人
  • お金の管理がしっかりできる人

フリーローンとカードローンどちらを選べばいい?【ケース別】

それでは、実際にお金が必要になったとき、フリーローンとカードローンどちらを選べば良いのでしょうか? それは、ローンを利用する目的や利用方法などによって異なります。ここでは、どちらのローンが合っているのか、具体的なケースに分けてくわしく見ていきます。

【フリーローンがおすすめ】一度にまとまったお金が必要

習い事や資格取得、または海外旅行や引っ越しにかかる費用など利用目的と日程が明確で、高額な金額が必要になることがあらかじめわかっている場合は、フリーローンの利用がおすすめです。利用する日程が決まっていれば、審査にかかる期間を逆算して申し込むことができます。 さらに、たとえ高額な借入であっても、フリーローンの金利はカードローンよりも低めな傾向にあるため、最終的な返済総額を低く抑えることも可能です。

【フリーローンがおすすめ】低金利で借り入れたい

できるだけ低金利で借り入れたい場合には、カードローンよりも比較的低金利なフリーローンを選びましょう。ただし金利は、取り扱う銀行や借入金額によって異なります。複数の銀行のフリーローンを比較して、自分に合ったより低金利の商品を選ぶことが大切です。 くわえて、変動金利のフリーローンでは、市場の変動によって予想以上に利率が高くなってしまう可能性がある点や、必ずしも銀行が提示する最低金利で借り入れられるわけではないことを理解しておきましょう。

【カードローンがおすすめ】一刻も早くお金が必要

結婚式のご祝儀や出産祝いなどの急な出費があった場合や一刻も早くお金が必要な場合には、融資までのスピードが早く、2回目以降の借入には審査の必要がないカードローンがおすすめです。 カードローン会社のATMやコンビニのATMで借入や返済ができるうえ、1万程度などの少額からの借入にも対応しています。突然の出費に対応できる利便性の高さは、カードローンならではの強みです。

【カードローンがおすすめ】一時的にお金が必要

突然の病気やケガで通院もしくは入院費用の支払いなどで、一時的にお金が必要な場合には、カードローンが向いています。保険金が入るまでや給料日が来るまでの間など、借入期間を決めて完済できるならば、カードローンの方が金利を抑えられることもあるようです。 カードローンでは、金利や利用方法、返済方法などが異なるさまざまな商品が提供されています。複数の商品を比較して、自分に合ったプランを選びましょう。

【目的別ローンがおすすめ】車の購入や結婚費用

車の購入や結婚式の費用の支払いには、マイカーローンやブライダルローンなどの目的別ローンを利用すると良いでしょう。 目的別ローンには、使用用途が限定されていて自由度が低い、審査が比較的厳しい、追加融資を受けることができないなどのデメリットもありますが、カードローンやフリーローンに比較するとかなり低めの金利でお金を借り入れられるというメリットに勝るものはありません。

フリーローンとカードローンの選び方

フリーローンとカードローンは金利や利便性などの特徴が各々異なるため、自分に合った商品を選ぶためのポイントも異なります。ここでは、それぞれの商品選びのポイントをくわしく見ていきましょう。

フリーローン選びのポイントは【金利】

フリーローンは、とにかく金利を最優先にして選ぶのがポイントです。契約時に完済までの返済計画を立てることができるので、必要なお金を借り入れたあとは、指定の口座から毎月決まった金額を返済していくだけ。銀行などの金融機関が提供しているさまざまな商品を比較して、より低金利の商品を選びましょう。 くわえて、一括・繰り上げ返済の手数料の有無や借入上限額をチェックしておくこともおすすめします。

カードローン選びのポイントは【利便性】

カードローンは、利便性の高さをポイントにした商品がたくさん提供されています。そのため、金利はもちろんのこと、手数料、提携先ATMの設置数や利用できる返済方法、インターネットやアプリで24時間いつでも申し込めるなどの利便性を重視して選ぶこともできます。

ただし、カードローンの商品には比較できるポイントが多いので、自分が優先したいポイントを明らかにしたうえでさまざまな商品を見比べていくことをおすすめします。

フリーローン選びに迷ったらクラウドローンを利用してみよう!

銀行や信用金庫が提供している多くのプランの中から、自分にピッタリなより低金利のフリーローンを見つけるには、時間も手間もかかります。

そこで、おすすめなのがクラウドローンです。クラウドローンは、お金を借りたい人と融資をしたい金融機関をつなぐ日本初の金融プラットホーム。クラウドローンに登録するだけで、希望の条件で融資できる金融機関を一覧化して選ぶことができます。さらには、融資可能の銀行から直接プランの提案を受けることも可能です。

さらに、申し込みから融資までの手続きはすべてオンラインで完結し、スピーディーにおこなえるところも特徴のひとつ。クラウドローンはできるだけ早く、より低金利のフリーローンを選びたいと考えている方のお役に立ちます。

フリーローン選びに迷ったら、まずは3分間でできる無料診断でチェックしてみましょう。

フリーローンとカードローンは違いを知って賢く使おう

お金がどうしても必要になったときに役に立つのが、使い道の自由度が高いフリーローンとカードローン。どちらのローンを利用するか迷った時には、フリーローンとカードローンのそれぞれの特徴と細かな違いや、メリット・デメリットをしっかりと把握したうえで、ご自身の借入状況や利用目的などの条件にあった最適なプランを選択することが大切です。無理のない計画を立て、ローンを賢く利用しましょう。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる