1. ホーム
  2. ニュース・その他

無担保でビジネスローンが利用できる!特徴と注意点について解説

ビジネスで融資を利用する場合、自社物件を担保にしたり、連帯保証人を立てたりする必要があると思っている方が多いかもしれません。しかし、ビジネスローンなら無担保で借り入れすることが可能です。
担保を設定した借り入れにくらべると借り入れの金額が低くなりますが、審査に時間がかからず、資金使途も問われないなどの利点があります。
ここでは、無担保で利用できるビジネスローンの特徴や注意点などについて解説します。

ビジネスローンとは事業資金専用のローン

「ビジネスローン」とは事業資金専用のローンです。申し込めるのは法人経営者や個人事業主だけで、事業を営んでいない個人は対象外です。融資金は新規事業の立ち上げ資金や設備投資資金、運転資金、取引先への支払い資金などの事業に関わる資金として利用できます。

ビジネスローンを取り扱っているのは、銀行や信販会社、消費者金融などですが、融資基準や金利、融資限度額などのサービス内容はそれぞれ異なっているので条件にあったものを選ぶようにしましょう。

有担保と無担保の違いとは?

「担保」とは、お金を借りた人が返済できなくなってしまった場合にそなえて、その損害を補うためにあらかじめ用意しておく資産のことです。具体的には不動産や車などです。

無担保のビジネスローンは担保を設定しないため、もしものことがあっても担保による資金の回収ができません。そのため、無担保ローンは有担保ローンよりも借り入れ限度額が低く、金利が高めに設定されています。

有担保のビジネスローンは担保の価値を調査する時間が必要なため、審査に時間がかかります。だいたい申込みから融資実行まで1週間程度かかります。

無担保のローン有担保のローン
審査早い遅い
借入限度額低い高い
借入期間短い長い
金利高い低い

無担保ビジネスローンのメリットとデメリット

担保を設定せずに利用できる無担保ローンには注意すべき点もあります。トラブルにならないように契約する前に無担保ローンの特徴をよく知ることが大切です。ここからは無担保ローンのメリットとデメリットについて解説します。

無担保ビジネスローンのメリット

有担保ローンの場合、申込内容の審査にくわえて、担保の審査も必要になります。しかし、無担保ローンでは担保の審査が必要ないため、審査の回答が早いというメリットがあります。

また、担保の審査が不要なため、申込から借り入れ、返済までの手続きをすべてWEB上でおこなうことのできるローン商品もあります。WEB申し込みであれば24時間いつでも申し込むことができます。必要書類はスマートフォンからの提出も可能なので、外出先から手続きすることもできます。

借り入れを急ぐひとに向いているローンです。

無担保ビジネスローンのデメリット

無担保であることは貸し倒れリスクが高いということになります。借り入れしたひとが返済できなくなった場合、有担保ローンではあらかじめ設定した担保で融資した資金の回収をおこないますが、無担保ローンでは担保による資金回収ができません。そのため、有担保ローンよりも金利が高めで借り入れ限度額が低めに設定されています。

金利が高めだと利息の金額が増えて返済する金額が大きくなります。無担保ローンに申し込む際には、金融機関のWEBに用意されている返済シミュレーションなどを利用して、返済総額や返済期間について確認しましょう。

ビジネスローンの連帯保証人は不要?

ビジネスローンは連帯保証人なしでも利用できる場合があります。以前は法人が利用するときは、代表者が連帯保証人になる「代表者保証」が必要とされていました。それは、もし法人が債務返済できなくなったとき、連帯保証人である代表者の個人的な財産から債権を回収する制度です。

しかし、中小企業の経営者が代表者保証をする場合、資金調達はスムーズに進みますが、連帯保証人として借金を背負うため、思い切った事業の展開ができなかったり、経営不振になった場合、事業を再生したくてもできなくなってしまうといったデメリットがありました。

そこで、平成26年に金融庁や中小企業庁主導で代表者保証がなくても融資を受けられるようにする「経営者保証に関するガイドライン」が制定されました。ガイドラインには法的拘束力はありませんが、金融機関はこのガイドラインにそって対応しています。

ビジネスローンの資金使途は?

ビジネスローンは事業性資金として利用することと限定されているため、個人の用途には利用できません。ビジネスローンのおもな資金使途は次の通りです。

  • 新規事業立ち上げ資金
  • 設備資金
  • 運転資金
  • 取引先への支払い
  • 従業員への給与支払い
  • 税金の納税資金 など

銀行で融資をうける場合は事業計画書の提出が求められます。既存事業のこれまでの実績、新規事業でいつまでにどのくらいの売り上げを確保できるか、収支はどうなるかなど綿密な事業計画が必要です。銀行の担当者を納得させられるような綿密な事業計画が必要で、作成にも時間がかかります。

しかし、ビジネスローンの場合には、銀行融資ほどの綿密な必要書類の提出は必要ありません。スピーディに資金を確保したいときに便利です。

支払いの金額が小さいときはビジネスローンで資金を用意し、大きな金額のときは銀行の融資を利用するなどして、上手に使い分けるのもよいでしょう。

ビジネスローンで開業資金を用意できる?

ビジネスローンでは開業資金を対象としている商品はあまり多くありませんが、公的融資だと手続きや審査に時間がかかってしまうため、急いで融資を受けたい場合はビジネスローンの利用を検討してみましょう。

新規の開業資金としてビジネスローンを申し込む場合には、「事業計画書」や「経営改善計画書」等の提出が必要です。 現実的でしっかりした経営をするための資金であることが審査上認められなければなりません。
また、審査の際には本人の債務状況もチェックされるため、家計に負債がある場合は完済したり、減らしておくとよいでしょう。

ビジネスローンのほかに無担保で資金調達する方法は?

銀行のビジネスローンのほかにも無担保で事業資金を借り入れる方法があります。政府系金融機関で借りたり、家族や知人に融通してもらったり、ファクタリングやクラウドファンディングで資金調達することが可能です。それぞれの内容について解説します。

1.カードローンで必要な分だけ借り入れ

カードローンは銀行や消費者金融などの金融機関が提供する個人向け融資サービスです。ビジネスローンと同じく無担保で連帯保証人も不要です。カードローンで借りたお金は原則として使い道が制限されず、契約時に定められた利用限度額の範囲内ならば繰り返し借り入れできます。
また、利用限度額は審査によって個々に設定され、利用限度額が大きいほど金利は低く、小さいほど金利は高くなる傾向があります。

2.フリーローンで計画的に借り入れ

フリーローンも無担保で借りることができてお金の使い道に制限はありません。ただし、カードローンとは異なり、資金使途が事前に確認されます。使い道をあらかじめ決めたうえで、請求書や契約書など、資金使途を確認できる書類が必要となります。
フリーローンは融資金を一括で借り入れて、月々一定額を返済していきます。追加で融資を希望する場合は契約中のローンに追加融資することはできないので、あらたに別のローンを契約することになります。

3. 政府系金融機関から低金利で借り入れ

政府系金融機関の融資で一般的な企業の融資を受けつけているのは「日本政策金融公庫」「日本政策投資銀行」「商工組合中央金庫」の3つです。
政府系金融機関の融資は小規模や中小企業向けの貸付制度が用意されていて、無担保、無保証、低金利で利用できます。ただし、審査には時間がかかってしまいます。
日本政策投資銀行は、中堅企業以上の規模の企業への貸付けがメインのため、融資を受けられない場合もあります。また、商工組合中央金庫は商工中金株主団体とその構成員しか利用できないため、融資を受けるためには会員となる必要があります。

4.地方自治体の制度融資や補助金を活用

地方自治体のなかには個人事業主や中小企業向けに経営安定化や創業支援、産業振興などの地域経済の発展のために無担保での融資や補助金制度を設けているところがあります。自治体の融資は低金利で、自治体によっては利子の一部を負担してくれたりすることもあります。その一方、融資実行までに時間がかかったり、多額の融資には向かないなどの特徴もあります。制度の内容は自治体ごとに異なるのでよく確認しましょう。

5.家族や友人から借りる

もっともかんたんに無担保で資金を借り入れる方法は家族や友人から借りることです。しかし、年間110万円を超える借り入れは贈与とみなされ、贈与税の支払い義務が発生してしまいます。
贈与税がかからないようにするためには、親族からの借り入れ金を年間110万円以下にしたり、利息を設定したり、借用書を作成したり、返済を銀行口座でやりとりするなどで回避できます。また、複数の人から借り入れをして合計110万円を超えた場合にも贈与税は発生するので注意しましょう。

6.ファクタリングで資金を調達

ファクタリングにも担保は必要ありません。ファクタリングは自社が保有する売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、売掛金の支払期日前に売掛債権を資金化することができる仕組みです。すぐに資金を調達できるため資金繰りの改善に役立ちます。
しかし、ファクタリングをよそおった高金利の貸付けをおこなうヤミ金融業者の存在が確認されていて、こういった偽装ファクタリングを利用することのないようにと金融庁からの注意喚起が出ています。利用する場合は十分に注意が必要です。

7.クラウドファンディングで資金を募る

クラウドファンディングとは、WEB上の不特定多数のひとに対して資金を募る方法です。商品やサービスの魅力を最大限打ち出したり、返礼品などを用意したりすることで、予想以上の資金を獲得できることもあります。
しかし、確実に資金を調達できる方法ではないため、補助的な役割として融資などと併用して利用するのがよいでしょう。

無担保のビジネスローン探しはクラウドローンが便利!

無担保で運転資金を急いで調達しなければならなかったり、ローンの借り換えや税金の支払いにまとまった資金が必要な場合はビジネスローンを利用することも検討しましょう。

ビジネスローンを探すなら「クラウドローン」が便利です。クラウドローンはお金を借りたい人と融資したい金融機関をつなぐ日本初の金融プラットフォームです。

希望の借り入れ条件を登録するだけで、融資可能な金融機関を見つけ出し、金融機関から直接プランの提案をしてくれます。借り入れ可能なプランだけをまとめて比較できるので、一般的な比較サイトよりも効率的に自分に合ったローンを検討することができます。

すべての手続きはオンラインで完結できるので、急を要する場合もスピーディな対応をしてくれます。

無担保のビジネスローンを資金繰りの改善に役立てよう

無担保ローンは審査に時間がかからないため、申し込んでからすばやく借り入れすることができます。また、WEBですべての手続きが完結することなどのメリットがあります。一方で、有担保ローンよりも金利が高めに設定されているといった注意点もあります。
融資をうけるときには自身の収支や返済計画を立て、無理なく支払える返済額を確認し、状況に適した借り入れをおこなうことが大切です。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2024年04月15日
ニュース・その他
グアム旅行の費用は3泊4日でいくらかかる?費用の内訳や安い時期、費用を抑えるポイントも解説
グアムは温暖な熱帯性の気候で豊かな自然を楽しめる観光地。グアムまでは日本からのフライト時間もおよそ4時間と、気軽に行ける海外スポットとして人気です。しかし、海外旅行なのでどのような費用がかかるのか心配になる人も多いと思います。グアムまでの行き方、グアムでの過ごし方によっても費用は変わってきます。今回...
2024年04月05日
ニュース・その他
40代・50代必見!介護費用を賢く準備するUI銀行の介護ローン
高齢化社会の進展により、介護が必要な人が増加しています。ひとたび介護が必要な状態になると、施設入所や訪問介護など様々なサービスがあり、それに伴い費用も高額になってきます。このような介護に関する費用負担に対応するために生まれたのが、介護ローンです。 今後益々大きくなる介護ローン市場について、実際に介護...
2024年03月15日
ニュース・その他
ビジネスローン審査の必要書類を徹底解説!複数の銀行に同時に申し込めるサービスも紹介
ビジネスローンは日本政策金融公庫や銀行の融資に比べて提出書類が少なく、素早い資金調達ができるため、緊急で資金が必要な時の選択肢として検討されることも多いローンです。提出書類が少ないビジネスローンですが、申込をする金融機関や商品の種類によって、審査に必要な書類が異なります。必要になる可能性がある書類を...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる