1. ホーム
  2. ニュース・その他

ビジネスローンの金利相場と低金利で借りるためのポイント|低金利ビジネスローンの借りる際の注意点も解説

ビジネスにおいて資金が必要になった場合は、日本政策金融公庫や銀行などの金融機関から融資を受けるほか、ビジネスローンを利用するという方法があります。ビジネスローンは一般の融資と比べてどのような違いがあるのでしょうか。ビジネスローンとはどのようなものなのか、金利の相場や借り入れを受けるためのポイントについて解説をします。また、低金利のビジネスローンの借り入れの際の注意点についても紹介していきます。

ビジネスローンは法人や事業主向けのローン

ビジネスローンは、法人や事業者向けの事業資金専用のローンです。ローンで借りたお金は新規事業への投資、設備投資資金、運転資金、取引先への支払いなど、事業にかかわることのみに利用できます。ビジネスローンは審査が迅速で、金利が高めですが一般的な銀行融資より資金調達しやすいという特徴があります。ビジネスローンは、銀行、信販・クレジットカード会社、消費者金融などで扱っており、その融資基準や金利、融資限度額はサービスの提供会社によって異なります。

ビジネスローンの金利相場は1~18%

通常の融資ビジネスローン
銀行メガバンク1%未満~3%1~14%
地方銀行など1~4%3~15%
ノンバンク2~18%3〜18%

ビジネスローンの金利は、通常の融資に比べて高めに設定されています。
また、この金利は借り手の信用力、返済条件によって変動します。同じ金融機関から借り入れをしても借り手の信頼性が高いほど金利は低く、逆に信用力が低いと金利が上がります。返済条件においては、返済期間が短い場合や担保がある場合は金利が下がります。
借り手の状況により合わせて金利が決定されるため、上記表のように金利の幅が生じる仕組みです。

ビジネスローンの金利が高い理由

ビジネスローンの審査は比較的通りやすく、急な資金調達にも対応しやすい一方で、一般的な銀行などの金融機関の融資より金利が高く設定されています。短期的な資金繰りとしては有効ですが、長期的な金融施策には向きません。金利が高く設定される理由について解説します。

ビジネスローンの金利が高い理由①審査が甘いから

通常、銀行などの金融機関の融資は2週間から1カ月かけてじっくりと審査をし、融資先の企業の経営状態を確認してから融資を行いますが、ビジネスローンでは銀行でも3~5営業日、ノンバンクなら最短で即日で審査を行うため、審査が甘くなります。金融機関融資と異なり、ビジネスローンは必要書類も簡素化されており、審査の難易度も低めです。
信用力が低い借り手である場合、返済リスクが高まります。審査が十分でない分、貸し倒れのリスクを考慮し金利が高くなります。

ビジネスローンの金利が高い理由②審査スピードが早いから

ビジネスローンのメリットは通常の銀行融資などに比べて、審査のスピードが早いことです。機会損失とならないため、または経営上早急な資金の調達が必要となった場合などでも対応できるのがビジネスローンの強みです。早さが求められる分審査が甘くなり、貸し倒れのリスクも高くなるため金利を高く設定しています。

ビジネスローンの金利が高い理由③損失を補填する必要があるから

貸付先の経営が悪化し返済の遅延や返済が滞った場合、金融機関はこれを補填しなければなりません。ビジネスローンを借りる企業には、通常の銀行などの金融機関の融資審査に落ちてしまっているケースもあります。そのため、十分に信用力が調査ができていないビジネスローンでは貸し倒れのリスクを考慮し、損失の補填として金利が高く設定されています。

ビジネスローンを低金利で借りるには

急な資金調達が必要な場合でも、金利はできるだけ低く抑えたいものです。金利を抑える4つの方法を紹介します。状況に合わせて利用できるものは活用しましょう。

ビジネスローンを低金利で借りる方法①銀行系を選ぶ

銀行系のビジネスローンは、消費者金融や信販会社などのノンバンク系に比べて金利が低めです。ノンバンク系のビジネスローンは銀行系の審査に通らなかった場合に申し込まれることが多く、信用力の点などから金利が高くなります。即日融資などの急な資金需要がない場合、まずは銀行のビジネスローンを検討することをおすすめします。

ビジネスローンを低金利で借りる方法②担保を差し入れる

ビジネスローンは原則として、無担保・無保証人で借り入れが可能ですが、その代わりに金利が高くなり、借入限度額が低くなることが一般的です。しかし、一部のローンでは担保を差し入れることで金利が下がる場合があります。また、信用保証協会による保証も金利軽減の条件になることがあります。担保や保証人を用意することで、貸し倒れのリスクが低減され、低金利で借りることが可能になります。
ただし、万が一返済できなくなったときには、担保として差し入れていた資産を失うことは十分理解しておかなければなりません。

ビジネスローンを低金利で借りる方法③高額を借り入れる

ローンの金利は借入額が多いほど低く、少ないほど高く設定されています。ビジネスローンを低金利で借りたい場合、限度額まで借りたほうが金利を下げることができる場合もあります。ただし、この方法は「金利」は下がりますが、必要以上に借りた分の「利息」は支払わなければなりません。適切な金額を借り入れ、無駄な利息を節約するために必要以上に借り入れないように注意が必要です。また、他のビジネスローンを返済中であれば、ローンをまとめて1本化することで金利を抑えられる可能性もあります。

ビジネスローンを低金利で借りる方法④キャンペーンを利用する

金融機関によっては、時期によって低金利キャンペーンなど実施している場合もあります。そのタイミングで申し込みすれば低い金利での借り入れが可能です。ノンバンクなどでは「〇日間利息無料キャンペーン」や「利息〇%優遇キャンペーン」などのキャンペーンなどを行っていることがあるので、探してみると良いキャンペーンが見つかる可能性があります。

低金利のビジネスローンを選ぶ際の注意点

ビジネスローンの金利は幅があるため、低金利のビジネスローンを探すときには注意が必要です。また、ビジネスローンは低金利であるほど審査が厳しくなり、提出書類の内容も重要になります。低金利のビジネスローンを借りる際の注意点について解説します。

低金利ビジネスローンの注意点①上限金利で比較

ビジネスローンの金利は通常、「〇%~〇%」という最低金利と上限金利が表示され、企業の信用度や経営状態に応じて変動します。経営状態が良い場合には低金利の提案を受けることができますが、ビジネスローンを借りたいというケースでは経営が苦しい状況の場合も多く、高金利を提示される可能性が高くなります。金利を比較する際には、上限金利を参考にして比較しましょう。

また、ビジネスローンの限度額は一般的に、通常の融資よりも低く設定されています。上限まで借りても資金が足りない場合、別の金融機関でもローンを組まなければなりません。複数の金融機関からの借り入れは、信用度が下がり、今後の審査が厳しくなります。できるだけ、借り入れは1社にまとめられるように、限度額が大きいローンを選ぶことをおすすめします。

低金利ビジネスローンの注意点②融資までに時間がかかる

低金利のビジネスローンの審査は銀行融資に比べると早いものの、審査事項が多いため一定の時間がかかります。ただし、金利の高いビジネスローンでは本人確認書類の提出のみで借り入れ可能なローンや、最短即日融資も可能なローンもあります。緊急の資金需要がある場合は、即日融資可能なローンの選択も必要です。その際は金利が若干高くなることも覚悟して借り入れをしましょう。必要額を把握し、少額・短期間の利用に留め、負担を最小限にすることが重要です。

低金利ビジネスローンの注意点③審査が厳しい

一般的にローン審査は、金利が低いものほど厳しくなります。審査が厳しいローンでは、審査に落ちてしまうこともあります。審査に落ちて資金調達が間に合わなくなってしまわないように、ノンバンク系の比較的審査に通りやすいローンも合わせて検討をしておきましょう。

ただし、複数の金融機関に同時に申込みをすると、資金繰りに困っていると判断されて審査に悪影響を与えることもあるので注意が必要です。審査が厳しい順に申し込みをしておくと良いでしょう。

低金利ビジネスローンの注意点④万全の準備が必要

低金利のビジネスローンは審査が細かいため、提出書類もたくさんあります。提出書類は記載の不備がないように確認をし、事業計画や返済計画では将来性や計画性をしっかりとアピールできるように記載しましょう。

重要なのは審査に通ることです。相手が審査をしやすいように、入念な準備をして申込をすることが大切です。

低金利のビジネスローン探しはクラウドローンにおまかせ

ビジネスローンは数多くあり、自分にあったローンを探すのが大変という場合にはクラウドローンを活用してみましょう。

クラウドローンは、「お金を借りたい人と、お金を貸したい金融機関をつなぐ日本初のプラットフォーム」。希望する条件を登録すれば融資可能な銀行から直接プランの提案を受けられるので、複数の銀行に資料請求する必要はありません。クラウドローンの審査や手続きも来店する手間もなく、オンラインですべて完結。複数の金融機関を比較して最も好条件で借りられるローンを探すことができます。

低金利のビジネスローンを選んでビジネスに生かそう

ビジネスでは急な資金調達が必要になることもあります。金融機関からの融資が間に合わない場合はビジネスローンも検討しましょう。ビジネスローンは一般的な銀行融資よりも審査の難易度が低く、早ければ即日借り入れできるものもあります。ただし、ビジネスローンは金利・融資限度額、スピードなどは金融機関により異なるため、利用目的に合ったものを選ぶことが大切です。低金利のビジネスローンを有効に活用しビジネスに活かしていきましょう。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2024年04月15日
ニュース・その他
グアム旅行の費用は3泊4日でいくらかかる?費用の内訳や安い時期、費用を抑えるポイントも解説
グアムは温暖な熱帯性の気候で豊かな自然を楽しめる観光地。グアムまでは日本からのフライト時間もおよそ4時間と、気軽に行ける海外スポットとして人気です。しかし、海外旅行なのでどのような費用がかかるのか心配になる人も多いと思います。グアムまでの行き方、グアムでの過ごし方によっても費用は変わってきます。今回...
2024年04月05日
ニュース・その他
40代・50代必見!介護費用を賢く準備するUI銀行の介護ローン
高齢化社会の進展により、介護が必要な人が増加しています。ひとたび介護が必要な状態になると、施設入所や訪問介護など様々なサービスがあり、それに伴い費用も高額になってきます。このような介護に関する費用負担に対応するために生まれたのが、介護ローンです。 今後益々大きくなる介護ローン市場について、実際に介護...
2024年03月15日
ニュース・その他
ビジネスローン審査の必要書類を徹底解説!複数の銀行に同時に申し込めるサービスも紹介
ビジネスローンは日本政策金融公庫や銀行の融資に比べて提出書類が少なく、素早い資金調達ができるため、緊急で資金が必要な時の選択肢として検討されることも多いローンです。提出書類が少ないビジネスローンですが、申込をする金融機関や商品の種類によって、審査に必要な書類が異なります。必要になる可能性がある書類を...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる