1. ホーム
  2. ニュース・その他

ビジネスローンは即日融資可能なものも!できるだけ早く借りたい場合の選び方も解説

ビジネスローンは銀行融資に比べると申し込みから借り入れまでの期間が短めで、中には即日融資可能な商品もあります。急に事業資金が必要になったときに頼りになりますが、金利の高さなど注意すべき点もあります。今回は、ビジネスローンの特徴や種類のほか、早く借りるためのポイントを紹介。ビジネスローンの選び方や効率的に選べるサービスも紹介しますので、ビジネスローンの借り入れを検討している法人経営者様や個人事業主様はぜひ参考にしてください。

ビジネスローンには即日融資可能な商品もある

日本政策金融公庫や銀行などの融資は、申し込みから融資実行まで2週間~2ヵ月程度かかります。このため、取引先への支払いが滞りそうなときや急に仕入れが必要になったときなどは融資が間に合わず、機会損失となることも。

ビジネスローンは融資までのスピードが早く、数日~10日程度で借りられます。中には即日融資可能な商品もあり、すぐに資金が必要になったとき役立ちます。

ビジネスローンは法人や個人事業主向けのローン

ビジネスローンはその名の通り、用途を事業資金に限定しています。法人経営者や個人事業主が対象で、事業を営んでいない個人は契約できません。また、基本的に事業と無関係な生活費などへの利用は認められていません。

ビジネスローンを取り扱う金融機関は銀行や信販会社、消費者金融などさまざまで、金利や借入上限額、審査基準、使途などの条件は会社ごとに異なります。

ビジネスローンの特徴

ビジネスローンには次のような特徴があります。

  • 申し込みから融資までがスピーディーで最短即日借入可能
  • 審査が甘めで通りやすい
  • 原則担保や保証人が不要
  • 総量規制の対象にならない
  • 金利が高い
  • 借入上限額が低い

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ビジネスローンの特徴①申し込みから融資まで最短即日の商品もある

ビジネスローンは申し込みから比較的短期間で借りられます。ビジネスローン提供会社の多くが審査をデジタル化しているのが主な理由で、申込者の信用情報や財務データから返済能力や信用リスクをコンピューターが自動で評価することで審査時間を短縮できます。

一方、銀行や日本政策金融公庫の融資は、多くの書類を手作業でチェックし、申込者の返済能力や事業の将来性をもとに厳格に審査します。このため、申し込みから融資までは通常2週間~2ヵ月程度かかります。

ビジネスローンの特徴②審査が甘い

ビジネスローンは借入上限額が低いことから、銀行融資に比べると柔軟な審査基準をもとに審査がおこなわれます。このため、赤字決算など銀行融資が受けられない場合でも、ビジネスローンなら借りられる可能性があります。

ビジネスローンの特徴③担保や保証人が不要

日本政策金融公庫や銀行などの融資は担保や保証人が必要なケースが多いのに対し、ビジネスローンは基本的に無担保・無保証で借りられます。担保となるものがない場合はもちろん、担保や保証人に関わる審査が不要なことから、審査にかかる時間が短縮できるのもメリットです。

ただし、ビジネスローンの中にも担保や保証人が必要な商品があります。特に低金利で借入上限額が高めの場合は担保等を求められるケースもあるため、申し込む前に確認しておきましょう。

ビジネスローンの特徴④総量規制の対象にならない

総量規制とは、消費者が過度な負債を抱えることを防ぐための法律で、貸金業者からの借り入れ上限額を規制しています。対象となるのは個人のクレジットカードやカードローン、キャッシングなどの短期貸付で、これらの合計が本人の年収の1/3を超える貸付は禁止されています。

個人事業主の場合、個人のカードローンやクレジットカードのキャッシングで運転資金を調達するケースもありますが、総量規制の対象となるため年収の1/3を超える借り入れはできません。一方、ビジネスローンは総量規制の対象外なので、年収の1/3以上の借り入れにも申し込めます。

ビジネスローンの特徴⑤金利が高い

ビジネスローンの金利は1~18%と幅があり、最高金利だけ見ると10~18%程度と非常に高めです。一方、日本政策金融公庫は0.5~2.1%、銀行は1~3%程度で、金利の上限も低く設定されています。

実際に適用される金利は、申し込み金額や申込者の信用などをもとに審査で決定されます。事業や借り入れの実績によっては上限近い金利が適用されることもあるため、注意が必要です。

ビジネスローンの特徴⑥借入上限額が低め

ビジネスローンの借入上限額は提供する会社により異なりますが、数十万~数百万円程度が一般的です。借入上限額が低めに設定されているため、用途によっては必要な資金が調達できない場合もあります。

一方、日本政策金融公庫の小規模企業向け一般貸付融資で4,800万円(特定設備資金は7,200万円)、銀行の中小企業向け融資で数千万~1億円程度で、不動産の購入や大規模な設備投資など高額の借り入れにも対応できます。

ビジネスローンは大きく分けて2種類!即日借りられるのは?

ビジネスローンの種類特徴
ノンバンク系ビジネスローン審査は迅速で通りやすいが金利は高め
銀行系ビジネスローン金利は低めだが借入までに時間がかかる

ビジネスローンには大きく分けて、銀行や信用金庫などが提供する「銀行系ビジネスローン」と、消費者金融や信販会社など銀行以外の金融機関が提供する「ノンバンク系ビジネスローン」があります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

ノンバンク系ビジネスローンには即日融資可能な商品も

ノンバンク系ビジネスローンは消費者金融や信販会社が提供するビジネスローンで、多くの商品が申し込みから借り入れまでWEBで完結します。審査スピードが早く、早ければ即日、遅くても数日中に融資が受けられます。

審査基準は比較的緩やかなので、銀行のビジネスローンを断られた方でも借りられる可能性があります。ただし金利は高めなので、なるべく早く完済できるよう返済計画を組むなど注意が必要です。

銀行系ビジネスローンは金利が低め

銀行系ビジネスローンは当日中に仮審査の結果が出る商品もありますが、借り入れまでは数日~10日程度かかるのが一般的です。WEB完結可能な商品もありますが、銀行によっては来店での手続きが必要です。

ノンバンク系ビジネスローンに比べて金利は低めなので、支払期日までに余裕がある場合は銀行系ビジネスローンを優先して検討すると良いでしょう。

ビジネスローンを即日またはできるだけ早く借りるためのポイント

即日融資が可能なビジネスローンといっても、必ず当日中に借りられるわけではありません。申し込む時間帯や希望条件、提出書類などによっては2~3日程度かかる場合もあります。

ビジネスローンを早く借りるためのポイントを2点ご紹介しますので、申し込む際の参考にしてください。

ビジネスローンを早く借りるためのポイント①早めの時間帯に申し込む

ビジネスローンを借りるには審査を受ける必要があります。審査結果が出るまでの時間は会社によって異なりますが、即日融資可能な商品の場合でも最低40分~数時間程度かかります。

午後に申し込むと当日の融資に間に合わない可能性が高まるため、即日融資を希望する場合は午前中などできるだけ早い時間に申し込みましょう。

また、即日融資には対応していないものの、審査結果が最短即日中に出るビジネスローンもあります。当日中に審査結果が出ればスピーディーに契約に進めるため、少しでも早く借りたい場合は早めの時間帯に申し込むのがおすすめです。

ビジネスローンを早く借りるためのポイント②必要書類をそろえておく

ビジネスローンの審査に必要な書類は、取り扱う金融機関によって異なります。「十六銀行」と「横浜銀行」を例に挙げて比較してみましょう。

個人事業主が申し込む場合の必要書類

銀行名十六銀行横浜銀行
商品名じゅうろくビジネスローンAIBizビジネスフリーローン(個人事業主向け)
必要書類・印鑑証明書
・最新期の確定申告書(一式)
・本人確認資料の写し
・許認可が必要な業種の場合は許認可が確認できる書類の写し
本人確認書類

同じ個人事業主でも、複数の書類が必要な銀行もあれば、運転免許証などの本人確認書類のみで申し込み可能な銀行もあります。スムーズに提出できるよう、必要書類をあらかじめホームページ等で確認して準備しておきましょう。

また、印鑑証明などの証明書類は発行から3ヵ月以内など制限があります。期限が切れていると再提出が必要となるため、事前に確認しましょう。

【早く借りたい人向け】ビジネスローン選びのポイント

ビジネスローンの申し込みから融資までにかかる時間は提供会社により異なるため、早く借りるためには商品選びも重要です。そこで、早く借りたいときのビジネスローンの選び方をご紹介します。

必要書類が少ないビジネスローンを選ぶ

前の項目でも紹介しましたが、ビジネスローンは提供会社によって必要書類が異なります。一般的に決算書や納税証明書などの書類を求められることが多いですが、中には本人確認書類のみで借りられる商品もあります。

提出書類が多いと準備に手間がかかるうえ、受け取った金融機関もチェックに時間が必要です。このため、必要書類が少ないビジネスローンを選んだ方が早く借りられる可能性が高まります。

WEB完結可能なビジネスローンを選ぶ

ビジネスローンには、申し込みから融資までWEBで完結できる商品と、書類を郵送したり店舗窓口に出向いての契約が必要な商品があります。WEB完結可能なビジネスローンは会社や自宅にいながら瞬時に必要書類を送付できるため、時間短縮につながります。

たとえば横浜銀行ビジネスフリーローンの手続きは次の流れでおこなわれます。

①申し込み:銀行ホームページから申し込み
②仮審査結果の連絡:最短申し込みの翌銀行窓口営業日に登録したメールアドレスに回答
③確認の電話連絡:電話にて借り入れの意思確認(口座がない場合は口座開設後の確認)
④本審査結果の連絡:登録したメールアドレスに回答
⑤ローンの契約:本審査結果のメール本文に記載されたURLにアクセスし、契約内容への同意で契約手続きが完了
⑥融資の実行:契約手続き完了後、銀行窓口営業日で4営業日以内に申込者口座へ入金

担保や保証人が不要のビジネスローンを選ぶ

ビジネスローンは基本的に担保や保証人が不要ですが、中には必要な商品もあります。担保や保証人の審査にも時間がかかるため、できるだけ早く借りたいときは無担保・無保証のビジネスローンを選ぶと良いでしょう。

ビジネスローンをスピーディーに探すならクラウドローンがおすすめ

「できるだけ早くビジネスローンを借りたいけれど、金利も妥協したくない」。そんなときはクラウドローンがおすすめです。クラウドローンはお金を借りたい人と融資可能な銀行をつなぐ融資プラットフォームサービス。基本情報や希望の借入条件を登録すると融資可能な複数の銀行から直接商品の提案を受けられます。

1社ごとに情報を集めて比較するより効率的で、借りられる見込みの高い商品の中から最も条件の良いビジネスローンを選べます。また、仮審査もまとめて受けられるので、複数同時に申し込むことによる審査への悪影響も避けられます。

仮審査後のローン契約は必須ではないので、いざというときどれくらいのスピードでいくら借りられるか知るためにも、まずは登録してみてはいかがでしょうか。

即日融資可能なビジネスローンは金利に注意して利用しよう

ビジネスローンには即日融資可能な商品もあり、すぐに事業資金が必要なときに役立ちます。しかし金利は高めなので、時間に余裕があれば複数の商品を比較し、金利の低いビジネスローンを選ぶことが大切です。
また、即日融資可能なビジネスローンを借りる際は、できるだけ少額・短期間の利用に留めるなど注意が必要です。金利負担が大きい場合は、別のビジネスローンや銀行融資への借り換えも検討してみましょう。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2024年04月15日
ニュース・その他
グアム旅行の費用は3泊4日でいくらかかる?費用の内訳や安い時期、費用を抑えるポイントも解説
グアムは温暖な熱帯性の気候で豊かな自然を楽しめる観光地。グアムまでは日本からのフライト時間もおよそ4時間と、気軽に行ける海外スポットとして人気です。しかし、海外旅行なのでどのような費用がかかるのか心配になる人も多いと思います。グアムまでの行き方、グアムでの過ごし方によっても費用は変わってきます。今回...
2024年04月05日
ニュース・その他
40代・50代必見!介護費用を賢く準備するUI銀行の介護ローン
高齢化社会の進展により、介護が必要な人が増加しています。ひとたび介護が必要な状態になると、施設入所や訪問介護など様々なサービスがあり、それに伴い費用も高額になってきます。このような介護に関する費用負担に対応するために生まれたのが、介護ローンです。 今後益々大きくなる介護ローン市場について、実際に介護...
2024年03月15日
ニュース・その他
ビジネスローン審査の必要書類を徹底解説!複数の銀行に同時に申し込めるサービスも紹介
ビジネスローンは日本政策金融公庫や銀行の融資に比べて提出書類が少なく、素早い資金調達ができるため、緊急で資金が必要な時の選択肢として検討されることも多いローンです。提出書類が少ないビジネスローンですが、申込をする金融機関や商品の種類によって、審査に必要な書類が異なります。必要になる可能性がある書類を...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる