1. ホーム
  2. ニュース・その他

【おすすめビジネスローン5選】銀行融資との比較タイプ別の特徴、効率的に探せるサービスも紹介

ビジネスローンは銀行融資と比べ、少額からの借り入れが可能であり、急に資金が必要な時に対応できるといった利便性があります。この記事では、ビジネスローンの特徴や効率的に探せるサービスを解説します。さらに、個人事業主や中小企業の方におすすめのビジネスローン5選をピックアップしました。ご自分のビジネスを維持したい、もしくは成長させたいと思っている方はご一読ください。

ビジネスローンは個人事業主や小規模法人の借り入れにおすすめ

ビジネスローンは、個人事業主や小規模法人向けのローン。特に、少額で短期間の借り入れにおすすめであり、短期的な資金繰りに活用しやすい商品です。

銀行融資の金利に比べ、金利はやや高め、借り入れ上限額は低めに設定されていますが、審査が比較的通りやすく迅速な資金調達ができることが大きな利点です。

また、用途の自由度が比較的高いため、運転資金の調達や設備投資、さらには事業拡大のための資金としても利用できることがあります。ただし、金利が比較的高いため、返済計画は慎重に立てて、無理のない範囲で利用することが大切です。

設備投資など高額な借り入れは銀行融資がおすすめ

金利特徴
ビジネスローン年1~18%金利が高め
借り入れ上限額が低い
融資実行までの時間が短い
無担保・保証人不要のケースが多い
銀行、信販会社、消費者金融などが取り扱う
銀行融資年1~3%金利が低め
借り入れ上限額が高い
必要書類が多い
融資実行まで時間がかかる
担保や保証人が必要

銀行融資は、通常、大きな額の借り入れと長期の返済期間が設定されています。くわえて、比較的低い金利での借り入れができるため、担保として不動産や設備などが提供できる場合は、まず銀行融資を検討することをおすすめします。ただし、審査には時間がかかることが一般的であり、資金や時間に余裕のある方向きです。その際は、事前に必要な書類や保証人の準備をしておくと良いでしょう。

一部のビジネスローンは銀行から提供されることもありますが、通常の銀行融資とは異なる特性を持つため、一般的には「ビジネスローン」と「銀行融資」に区別されます。

銀行系とノンバンク系ビジネスローンのどちらがおすすめ?

ビジネスローンの種類金利特徴
銀行系ビジネスローン1~15%金利は低めだが借り入れまでに時間がかかる
ノンバンク系ビジネスローン3〜18%審査は通りやすいが金利が高い

上記の表の通り、ビジネスローンには、「銀行系ビジネスローン」と「ノンバンク系ビジネスローン」があります。2つを比較すると、ノンバンク系ビジネスローンの金利が高めの傾向であることがおわかりいただけます。
次に、それぞれのローンについてご説明していきます。

銀行系ビジネスローンは低金利で借りたい人におすすめ

銀行系ビジネスローンには、メガバンクのビジネスローンと、地方銀行または信用金庫のビジネスローンがあります。メガバンクのビジネスローンは審査が厳しいものの、金利が低めに設定されています。

一方、地方銀行または信用金庫のビジネスローンは、審査が比較的柔軟であり、メガバンクと比較すると金利は高めの傾向に。くわえて、地域密着したサービスを提供しているため、地域事業者や小規模事業主には、アクセスが良く借り入れしやすいといった利点があります。

このように、銀行系ビジネスローンを選択する際は、自身の事業の大きさや資金調達の緊急度、返済計画を考慮したうえで、最適な商品をお選びください。

ノンバンク系ビジネスローン早く借りたい人におすすめ

ノンバンク系ビジネスローンには、消費者金融や信販会社のビジネスローンがあります。審査に通りやすく、即日融資が可能な商品も多くあります。特に、信販系ビジネスローンは、クレジットカードと連携して利用できるため、非常に便利であることが多いです。

これらのローンは、創業1年目でも審査が通る場合もあり、急な資金調達にも柔軟に対応できます。ただし、金利が高めに設定されているため、短期間での利用や利用前にしっかり返済計画を立てておくことが肝要です。借り入れ限度額も各社によって大きく差があるため、何社かのプランを聞いてから、ご契約ください。

ビジネスローンは証書型と融資枠型どちらがおすすめ?

ビジネスローン選びにおいては、「証書型」と「融資枠型」の違いを把握しておくことが大切であり、どちらを選ぶべきかは、ご自分の事業規模や資金状況に応じて決まります。それでは次に、両方のタイプについてご説明していきます。

証書型ビジネスローンはある程度まとまった借り入れにおすすめ

証書型ビジネスローンは、ある程度大きな資金を一度に借り入れたい場合に適しています。契約時に決定した金額を一括で融資され、固定または変動金利で返済を行います。特に、新規事業の立ち上げや設備投資、事業拡大に向けた初期資金としておすすめです。

一度の手続きで必要な資金を確保できる点がメリットではありますが、借り入れ金額や返済計画を慎重に検討する必要があります。事業のキャッシュフローに合った返済プランや具体的な返済能力を見極めることが肝要です。

融資枠型ビジネスローンは繰り返し借りたい場合におすすめ

融資枠型ビジネスローンは、あらかじめ設定された上限額内で、複数回にわたり資金を借り入れすることができるため、繰り返し資金が必要になる企業向けと言えます。また、返済すれば再度借り入れができるため、流動資金の確保や急に資金が必要になった場合、柔軟に応えることができます。特に、季節による売上の波が大きい業種や、プロジェクトごとに資金が必要なビジネスに適していると言えます。

おすすめの銀行系ビジネスローン5選

ここからは、銀行系ビジネスローン5選をご紹介します。これらは信頼性の高い銀行によって提供されているため、安心して選ぶことができるでしょう。迅速な審査プロセスを提供する商品や、全国どこからでも申し込み可能な商品も含まれています。ぜひご参考にされてください。

横浜銀行のビジネスローンは自由度の高いローン

横浜銀行ビジネスフリーローンは、個人事業主向けに設計された多様なニーズに対応するローン。対象者は、神奈川県内または東京都町田市に居住または事業所を有し、20歳以上76歳未満で安定した収入があり、クレディセゾンの保証を受けられる方です。最大500万円までの融資を借り入れできます。来店不要であり、面倒な手続きや所得確認書類の提出も不要なため、手軽にスピーディに借り入れができるローンと言えます。

商品名ビジネスフリーローン(個人事業主向け)
限度額・返済期間10万円以上500万円以下、1年以上10年以内
金利年4.8%、年8.0%、年14.5%
※適用金利は審査結果によって決定
融資までの期間最短約1〜2週間
使途事業資金全般(投機資金や個人間での受け渡しとなる資金には利用不可)
担保不要
WEB完結

横浜銀行のビジネスローン:「ビジネスフリーローン(個人事業主向け)」

伊予銀行のビジネスローンは2商品あり

伊予銀行いよぎんビジネスクイックローン「商売繁盛」は、個人事業主向けのローン。利用範囲は、20歳以上の個人事業主であり、クレディセゾンの保証を受けられる方が対象です。500万円まで借り入れ可能であり、WEB専用商品ではありますが、伊予銀行の口座がある方に限ります。ローンの使い道は、運転資金、設備資金、他行からの借り換えなどに利用可能です。

商品名いよぎんビジネスクイックローン「商売繁盛」
限度額・返済期間・50万円以上500万円以内 (複数本の利用が可能)
・6か月以上10年以内 (300万円以下の場合は最長7年以内)
金利年5.0%、年8.0%、年14.6% 変動金利または固定金利
※適用金利は審査結果によって決定
融資までの期間審査は早め、必要書類の提出状況や審査結果による。
使途事業に必要な資金(運転・設備、借換も可)
担保不要
WEB完結伊予銀行に口座をお持ちの方のみ〇

伊予銀行ビジネスローン:いよぎんビジネスクイックローン「商売繁盛」

いよぎんビジネスサポートローンは、愛媛県内で事業を営む、クレディセゾンの保証を受けられる方を対象としています。限度額内であれば、事業に必要な運転資金を自由に借り入れることができ、利用者には専用のローンカードと通帳が提供されます。毎月第一営業日に、300万円型は毎月5万円、500万円型であれば毎月10万円が自動で引き落とされます。

商品名いよぎんビジネスサポートローン
限度額・返済期間500万円型・300万円型、1年毎の更新
金利支店にお問合せください
融資までの期間支店にお問合せください
使途事業に必要な運転資金
担保・保証人不要・1名以上
WEB完結支店にお問合せください

伊予銀行ビジネスローン:いよぎんビジネスサポートローン

愛知銀行のビジネスローンはWEB完結できて便利

愛知銀行事業者向けフリーローン「ナイスカバー」は、個人事業主や法人代表向けのフリーローンです。愛知銀行の営業区域内で事業を営む個人事業主で、20歳以上81歳未満で安定収入があり、クレディセゾンの保証を受けられる方が対象です。WEBでの手続きが可能であり、最大500万円まで借り入れが可能です。事業資金や個人の消費資金に自由に使えますが、遅延損害金利率が年14.5%となっているため、ご注意ください。

商品名事業者向けフリーローン「ナイスカバー」
限度額・返済期間・10万円以上500万円以下(1万円単位)
・最長10年
金利固定金利:年4.8%、年8.0%、年13.5%
※適用金利は審査結果によって決定
融資までの期間1ヶ月程度
使途自由(事業性資金:運転・設備・法人への転貸等、消費性資金ともに利用可能)
担保不要
WEB完結

愛知銀行ビジネスローン:事業者向けフリーローン「ナイスカバー」

十六銀行のビジネスローンは仮審査がスピーディ

十六銀行じゅうろくビジネスローン「AIBiz」は、岐阜県、愛知県、三重県の事業者向けのローン。対象となるのは、十六銀行の口座があり、預金明細が13ヶ月以上ある事業者です。
WEB申し込み後、13ヶ月の入出金履歴を基にした仮審査をスピーディに行い、最大1,000万円までの運転資金を借り入れすることができます。利率は年3.0%からで、担保や保証人は不要ですが、施設資金には使えないため、ご注意ください。

商品名じゅうろくビジネスローン「AIBiz」
限度額・返済期間・50万円以上1,000万円以下(10万円単位)
・1ヶ月以上12ヶ月以内
金利年3.0%~12.0%
※適用金利は審査結果によって決定
融資までの期間1ヶ月程度
使途運転資金
担保不要
WEB完結十六銀行に口座をお持ちの方のみ〇

十六銀行ビジネスローン:じゅうろくビジネスローン「AIBiz」

福岡銀行のビジネスローンは全国対応・Web完結OK

福岡銀行の事業性融資「フィンディ」は、中小企業や個人事業主を対象とした全国対応のビジネスローン。手続きはオンラインで完結し、24時間いつでも申し込み可能、来店も不要です。また、福岡銀行の口座がなくても、データ連携を利用して申し込めるのは大きな利点。設立1期目の事業でも申し込むことができ、日常の運転資金や予期せぬ仕入れ資金など、利便性の高い商品と言えるでしょう。

商品名オンラインレンディングサービス「フィンディ」
限度額・返済期間・100万円以上1,000万円以下 (10万円単位)・1ヶ月以上36ヶ月以内
金利年2.0%~14.0% ※固定金利※適用金利は審査結果によって決定
融資までの期間最短2週間程度、必要書類の提出状況や審査結果による。
使途運転資金
担保不要
WEB完結

福岡銀行ビジネスローン:「フィンディ」

ビジネスローンを探すならクラウドローンがおすすめ

クラウドローンは、個人事業主や中小企業にとって、金融期間からの融資を受けるための便利なプラットフォーム。このサービスを活用すれば、自分に適した融資プランを容易に見つけることができます。特に忙しい中小企業にとっては、迅速な資金調達の手段となるでしょう。

金融機関に足を運ぶ必要もなく、申し込みから審査、契約までの手続きをオンラインで完結できるのも魅力的。無料診断の結果も、最短3分で受け取れます。

低金利での融資が実現しやすいクラウドローンは、現代のビジネスシーンにおいて、資金調達の新たな選択肢とも言えます。こうした手軽さとスピーディさは、ビジネスの機会を逃したくない企業にとって大きなメリットと言えます。

ビジネスローンは金利で選ぶのがおすすめ

金利は、ビジネスローン選びの大切なポイントです。低金利のローンを選ぶことで、返済額が少なくなり、経済的な負担を軽減できます。くわえて、ローン商品によって金利が異なるため、複数の商品を比較することをおすすめします。わずかな金利の差が、借り入れ額や期間に応じて支払総額に大きな影響を与えるからです。クラウドローンは、最適なビジネスローン選びに役立つことでしょう。まずは、無料診断をお気軽にお試しください。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2024年04月15日
ニュース・その他
グアム旅行の費用は3泊4日でいくらかかる?費用の内訳や安い時期、費用を抑えるポイントも解説
グアムは温暖な熱帯性の気候で豊かな自然を楽しめる観光地。グアムまでは日本からのフライト時間もおよそ4時間と、気軽に行ける海外スポットとして人気です。しかし、海外旅行なのでどのような費用がかかるのか心配になる人も多いと思います。グアムまでの行き方、グアムでの過ごし方によっても費用は変わってきます。今回...
2024年04月05日
ニュース・その他
40代・50代必見!介護費用を賢く準備するUI銀行の介護ローン
高齢化社会の進展により、介護が必要な人が増加しています。ひとたび介護が必要な状態になると、施設入所や訪問介護など様々なサービスがあり、それに伴い費用も高額になってきます。このような介護に関する費用負担に対応するために生まれたのが、介護ローンです。 今後益々大きくなる介護ローン市場について、実際に介護...
2024年03月15日
ニュース・その他
ビジネスローン審査の必要書類を徹底解説!複数の銀行に同時に申し込めるサービスも紹介
ビジネスローンは日本政策金融公庫や銀行の融資に比べて提出書類が少なく、素早い資金調達ができるため、緊急で資金が必要な時の選択肢として検討されることも多いローンです。提出書類が少ないビジネスローンですが、申込をする金融機関や商品の種類によって、審査に必要な書類が異なります。必要になる可能性がある書類を...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる