1. ホーム
  2. ニュース・その他

ビジネスローンは個人事業主でも利用できる?個人事業主向けビジネスローンの選び方と審査通過のポイント

急な融資が必要になったときに便利に役立つのがビジネスローン。しかし、個人事業主であっても審査に通過することはできるのだろうかと不安に思っている方も多いことでしょう。そこで今回は、個人事業主でも利用できるビジネスローンについてくわしく解説。ビジネスローンの賢い選び方や審査通過のポイント、さらには必ず確認しておきたい注意点についても説明します。ビジネスローンの利用を検討している個人事業主の方は、ぜひご覧ください。

ビジネスローンは個人事業主にもおすすめ

ノンバンク系ビジネスローン銀行系ビジネスローン
金利比較的高め比較的低め
審査・融資スピード最短即日最短翌営業日~1週間程度
借入限度額300万円~1,000万円程度1,000万円~1億円程度

ビジネスローンとは、事業資金専用のローン商品のこと。設備投資、運転資金の補填など、おもに個人事業主や法人の事業活動のさまざまな目的に利用できます。

ビジネスローンは、信販会社や消費者金融など銀行以外の金融機関が取り扱う「ノンバンク系」と、銀行関連の金融機関が提供する「銀行系」の2種類に分かれます。利用条件や特徴は各社によって異なりますが、特にノンバンク系ビジネスローンに、個人事業主向けの商品が多くみられます。

<銀行系ビジネスローンにも個人事業主向けの商品はある>

銀行系のビジネスローンは「銀行融資」よりも融資を受けやすいだけでなく、ノンバンク系よりも信用度が高く、比較的低い金利で利用できるところが特徴です。ただし、個人事業主向けの商品を提供していない銀行も存在しているため、事前の確認は必要です。

個人事業主がビジネスローンを利用するメリット

個人事業者向けビジネスローンの利用には、次のようなメリットが挙げられます。

ビジネスローンは総量規制の対象外

個人向けの貸付けには「総量規制」という、年収の1/3までしか借り入れることができない制限が設けられています。しかし、ビジネスローンは総量規制の適用対象外となるため、この規制の影響を受けません。

個人事業主がビジネスローンを借入れる場合も総量規制の適用対象外となります。ただし、一般的なローンとはルールが異なることがあるため、事前に融資の内容を把握しておくことが大切です。

原則無担保・保証人不要で申し込みができる

ビジネスローンは、原則として無担保で保証人不要で申し込むことができるのが大きなメリットです。ただし、金利が低い商品や大きな金額の借入を希望する場合には、担保の提供や信用保証協会による保証を条件とするケースが多くあります。

比較的審査に通りやすい

銀行融資に比べて審査基準が柔軟な点も、個人事業主にとっては重要なメリットです。
しかし、返済能力がないと判断されれば、ビジネスローンでも審査を通過できない可能性があることを忘れてはなりません。

融資のスピードが速い

通常、日本政策金融公庫などの公的融資や銀行融資では、申し込みから融資まで2週間~1ヵ月程度の時間が必要です。しかし、ビジネスローンは融資スピードは比較的早く、最短即日融資を特徴とする商品も多く提供されています。

個人事業主向けビジネスローンを選ぶ比較ポイント

ビジネスローン商品は、金融会社や商品ごとに利用条件や特徴が異なります。個人事業主がビジネスローンを選ぶ際には、以下のポイントに注目して、自身の経営状態やニーズに合った商品を選ぶことが重要です。

比較ポイント①金利で選ぶ

金利の低さを重視する場合は、銀行系のビジネスローンを選ぶとが良いでしょう。融資までの期間は1週間~1カ月ほどかかる可能性がありますが、年1~15%と比較的低めの金利で利用することができます。

比較ポイント②融資スピードで選ぶ

融資スピードを重視する場合は、ノンバンク系のビジネスローンがおすすめです。ノンバンク系は比較的迅速な審査と融資をおこなう傾向があり、審査の結果次第では当日中に融資してもらえる可能性があります。

銀行系ビジネスローンでも、利用者を優遇する金融機関があり、融資審査をスムーズに進められる可能性があります。すでに口座開設済みの銀行や報酬受け取り用として利用している銀行に個人事業主向けのビジネスローンがあれば、問い合わせてみるのも良いでしょう。

比較ポイント③借入条件から選ぶ

事業を始めたばかりの個人事業主は、ビジネスローンの借り入れ条件を慎重に選びましょう。どんなに低金利、もしくは融資スピードが早い商品が見つかったとしても、借入条件に合わなければ利用することができません。

特に「業歴」「資金使途」「必要書類」には注意が必要です。開業から1年未満の場合や開業目的の利用を対象外とするもの、または2~3期分の決算書の提出が必要となる商品も存在しますので、これらの条件を確認することが重要です。

比較ポイント④商品タイプから選ぶ

借入希望金額や用途によって、適切な商品タイプのビジネスローンを選ぶこともできます。

急な出費やつなぎ融資なら「極度型(カードローン型)」

「極度型」とは、最高限度額内であれば、自由に何度でも借入や返済ができるタイプのビジネスローンです。つなぎ資金や運転資金など、一時的な資金調達に向いています。ただし、「証書型」に比べて限度額が低い傾向にあることや、借り過ぎに注意する必要があります。

高額な借り入れなら「証書貸付」

必要な融資金額を一括で借入し、決まった期間に一定額を月々返済していく「証書貸付」タイプのビジネスローンは、設備資金や事業拡大に伴う資金など高額な借り入れに向いています。返済期間が長めであることや計画的に返済ができるところが特徴です。

個人事業主がビジネスローンの審査に通過するには?

個人事業主向けのビジネスローンは、比較的審査に通過しやすい傾向にありますが、必ずしも審査を通過できるわけではありません。ビジネスローンを検討する際には、特に以下のようなポイントに十分注意しておきましょう。

他社からの借り入れを整理する

複数の会社から借入をしている場合は、あらかじめ他社からの借入を整理しておくと良いでしょう。他社からの借り入れが多いもしくは複数の借り入れがあると、返済能力や経営状態まで懸念され審査に通りにくくなる可能性が高くなります。同様に、できるだけ複数社に一定に申し込みすることも控えることをおすすめします。

確定申告で過度な節税をしない

個人事業主の中には、税金対策として経費をできるだけ計上し、利益を少なく申告している方も多いでしょう。しかし、ビジネスローンの審査では、利益が少ないほど返済能力が低いと見なされ不利になる可能性があります。ローンや銀行融資などを利用した資金調達の可能性を考慮するのであれば、過度な節税対策は控えた方が良いでしょう。

税金の滞納、返済遅延に気をつける

債務超過や税金の滞納がある状態では、ビジネスローンの審査を通過することは難しいでしょう。また、過去の借入やクレジットカードの支払遅延なども信用情報の履歴に残り、審査に影響を及ぼす可能性が高くなります。いざというときに返済能力が不安定と見なされてしまわないためにも、日ごろから税金の滞納や返済遅延には気をつけましょう

個人事業主がビジネスローンを利用するときの注意点

ビジネスローンの利用にあたっては、あらかじめ知っておくべき注意点があります。将来的に日本政策金融公庫の融資や銀行融資も検討している場合には、以下の2つの点については特に注意しておきましょう。

公的機関や銀行の融資に悪影響を及ぼす恐れがある

ビジネスローンの申し込み履歴は一定期間信用情報機関に記録されるため、ノンバンク系のビジネスローンを利用すると、将来的に公的機関や銀行からの融資を受ける際に、審査に悪影響を与える可能性があります。なぜなら、銀行から融資を受けることができないほど経営状態が悪いのではないかと判断されてしまうからです。

返済が長期化しないようにする

ビジネスローンは、無担保・保証人不要で利用できる代わりに金利が高めに設定されています。特に金利の高いノンバンク系のビジネスローンでは、返済機関が長引けば長引くほど、返済の負担が大きくなります。ビジネスローンの利用は、中・短期的な借り入れに限定するか、その後の資金調達方法を検討しながら計画的な返済を心がけましょう。

個人事業主におすすめな銀行系ビジネスローン3選

ここからは、個人事業主向けプランを取り扱う銀行系ビジネスローンのおすすめ3選を紹介します。

福岡銀行のビジネスローン

福岡銀行のビジネスローン「フィンディ」は、全国の中小企業や個人事業主を対象としており、福岡銀行に口座を持っていない方でも利用することができます。すべての手続きが24時間オンラインで完結できるため、申し込みから融資まで来店する必要がありません。

設立1期目からでも申し込みが可能です。さらには事業計画の説明や書類の作成、印鑑証明や登記簿謄本の提出が不要なため、面倒な手間を省ける上、最短で即日融資も可能とするスピード感が特徴的な商品です。

銀行名福岡銀行
ローン名フィンディ
金利年2.0~14.0%(固定)
最大借入金額1,000万円
融資期間1ヶ月以上36ヶ月以内

福岡銀行ビジネスローン:「フィンディ」

きらぼし銀行のビジネスローン

きらぼし銀行の「スモールビジネスローン」は、短期融資やつなぎ融資に最適な個人事業主向けビジネスローンです。原則無担保・第三者保証人不要であり、提出する決算書は1期分という手軽さがあります。さらに、翌日回答を目指すスピーディーさも魅力です。

なにより、最大金利は9%と良心的です。また、きらぼし銀行のスモールビジネス取扱窓口では「資金調達サポートデスク」として、事業資金の相談にも幅広く応えてくれるところも大きな安心感につながります。

銀行名きらぼし銀行
ローン名スモールビジネスローン
金利年4.0%~9.0%(固定)
最大借入金額1,000万円
融資期間7日以上6ヵ月以内

きらぼし銀行ビジネスローン:「スモールビジネスローン」

横浜銀行のビジネスローン

横浜銀行の「ビジネスフリーローン(個人事業主向け)」は、神奈川県内もしくは東京都町田市にお住まい、または事業所がある方が申し込むことができます。融資金額は最高で500万円までで、適用金利は審査結果によって固定年4.8%、8.0%、14.5%のいずれかが適用されます。

「ビジネスフリーローン(個人事業主向け)」は事業性資金にのみ利用できますが、用途の制限は少なく、借り換え資金などにも利用できるなど自由度の高いところが特徴です。

銀行名横浜銀行
ローン名ビジネスフリーローン(個人事業主向け)
金利年4.8%~14.5.%(固定)
最大借入金額500万円
融資期間1年以上10年以内

横浜銀行のビジネスローン:「ビジネスフリーローン(個人事業主向け)」

個人事業主向けビジネスローンは効率良く探そう

個人事業主向けのビジネスローンのプランは、銀行や金融会社によって利用条件や内容が異なります。複数のプランを比較し、自身の経営状況やニーズに合ったビジネスローンを見つけることが重要です。

そこで、おすすめするのがクラウドローン。クラウドローンは、お金を借りたい人と融資したい金融機関をつなぐ日本初のプラットフォーム。希望の借入条件を登録するだけで、融資可能な金融機関のみを一覧化できるから、最適な個人事業主向けビジネスローンを効率よく探せます。

<金融機関の担当者から直接プランの提案を受けることも可能>

クラウドローンなら申込から本契約までのすべての手続きはオンラインで完結。まずは、最短3分でできる無料診断から始めませんか?

ゆとりを持ってビジネスローンを活用しよう

ビジネスローンは個人事業主でも利用可能な資金調達手段の一つです。公的な融資や銀行融資に比べて審査が通りやすく、融資までの手続きが迅速なのが特徴です。ビジネスローンを賢く利用すれば、スムーズな資金調達が可能です。ただし、個人事業主向けのビジネスローンは総量規制の対象外となる場合もあるため、借り過ぎには注意が必要です。無理のない範囲で計画的に利用することを心がけましょう。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2024年04月15日
ニュース・その他
グアム旅行の費用は3泊4日でいくらかかる?費用の内訳や安い時期、費用を抑えるポイントも解説
グアムは温暖な熱帯性の気候で豊かな自然を楽しめる観光地。グアムまでは日本からのフライト時間もおよそ4時間と、気軽に行ける海外スポットとして人気です。しかし、海外旅行なのでどのような費用がかかるのか心配になる人も多いと思います。グアムまでの行き方、グアムでの過ごし方によっても費用は変わってきます。今回...
2024年04月05日
ニュース・その他
40代・50代必見!介護費用を賢く準備するUI銀行の介護ローン
高齢化社会の進展により、介護が必要な人が増加しています。ひとたび介護が必要な状態になると、施設入所や訪問介護など様々なサービスがあり、それに伴い費用も高額になってきます。このような介護に関する費用負担に対応するために生まれたのが、介護ローンです。 今後益々大きくなる介護ローン市場について、実際に介護...
2024年03月15日
ニュース・その他
ビジネスローン審査の必要書類を徹底解説!複数の銀行に同時に申し込めるサービスも紹介
ビジネスローンは日本政策金融公庫や銀行の融資に比べて提出書類が少なく、素早い資金調達ができるため、緊急で資金が必要な時の選択肢として検討されることも多いローンです。提出書類が少ないビジネスローンですが、申込をする金融機関や商品の種類によって、審査に必要な書類が異なります。必要になる可能性がある書類を...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる