1. ホーム
  2. ニュース・その他

ハワイでの結婚式費用は?参列者数別の費用や安くおさえるコツを解説

雄大な自然やリラックスできる環境とともに、ショッピングやグルメも楽しめる魅力が満載のリゾート地として、長年多くの人に愛されているハワイ。海外ウエディングでもハワイは安定した人気があります。「ハワイでの挙式はお金がかかりそう」と思っている人は多いはずですが、費用をおさえられるところをおさえれば、あこがれのハワイで挙式をあげることも夢ではありません。
この記事では、ハワイでの結婚式に必要になる費用や費用を安く抑えるコツについて解説します。

ハワイで結婚式をするメリットとデメリット

ハワイで結婚式を計画するにあたって、メリットとデメリットを早い段階で知っておくことが大切です。デメリットについてどうしても折り合いがつけられなければ、ハワイでの結婚式をおこなうことを考え直さなければならなくなってしまいます。雰囲気に流されることなくしっかりと状況を把握しましょう。

メリット1. 新婚旅行も同時にできる

ハワイでの結婚式は新婚旅行も同時にできるので、新婚旅行分の旅費を節約できます。結婚するにあたって、挙式だけではなく新生活の準備などにも出費がかさむため、新婚旅行分の旅費をおさえられるのは大きな助けになります。

また、結婚式と新婚旅行を別でおこなう場合は勤め先での休暇の調整が難しいですが、一度で済めば負担になることもありません。
結婚式に参列した家族や友人たちといっしょに旅行することもできるため、両家の親睦も深めるいい機会にもなります。

メリット2. ロケーションのよさ

白い砂浜に青く澄んだ海、雄大な自然にかこまれたハワイのロケーションは結婚式の最高の舞台となります。ウェディングドレスやタキシード姿はハワイの景色に美しく映えます。また、ハワイの伝統的な衣装での撮影もおすすめです。

美しい景色の中でパートナーとのこれからについて思いをあらたにするとともに、一生に一度の大切な思い出を素晴らしいロケーションとともに写真と記憶に焼き付けることができます。

メリット3. 準備の手間が少ない

ハワイでの挙式やパーティ、衣装、旅行などの準備は、自分で手配しようとすると相当な手間がかかりますが、手配会社はそれらを一手に引き受けてくれます。手配会社はおもに総合ウエディングプロデュース会社や旅行会社が運営しています。ハワイの現地スタッフとのやり取りはすべて手配会社がおこなうため、自分が現地で打ち合わせをする必要はありませんし、海外ウエディングは小規模のケースが多いため、打合せの回数が国内で行うよりも比較的少なくてすみます。

デメリット1. 現地の下見ができない

手配会社を利用する場合、現地に打ち合わせにいく必要がなく、写真や動画を見ながら会場を選ぶことになります。すると、その資料の写真の撮り方によっては実際よりも会場が広く見えていたり、見栄えがよく写っていて、現地に行ったときにその差にがっかりすることがあります。
手配会社に用意してもらった資料のほかに、自分でネット検索して会場の情報を収集して、正確なイメージを確認しておくとよいでしょう。

デメリット2. 参列してほしいひとに断られる

海外ウエディングの場合、多くの渡航費や滞在費がかかるため、参列者への負担が大きくなります。新郎新婦が一部の費用を負担することもありますが、参列者自身が渡航費や滞在費を負担することがほとんどです。そのため、費用の捻出が難しいことを理由に参加を断られてしまう場合があります。
どうしても参列してもらいたい場合は、費用負担の割合を増やしたり、ご祝儀を辞退するなどの配慮が必要です。

ハワイの結婚式は何泊する必要がある?

ハワイで結婚式をするには少なくとも3泊5日は必要です。一般的なハワイ挙式のスケジュールは、1日目に結婚式の打ち合わせをおこない、2日目に結婚式本番をして、そのあとにパーティーや食事会などをおこないます。現地への到着時刻や挙式の開始を午前か午後にするかによってもスケジュールは変わるため3泊は必要になります。
3泊5日であれば予算を抑えやすいですが、新婚旅行として観光やアクティビティを楽しむのであれば、5泊7日程度のゆとりがあるとよいでしょう。

ハワイでの結婚式 参列者数別の費用相場

結婚式をする場合、費用に大きく影響するのは参列者の人数です。ハワイでの結婚式を手配会社に依頼する場合は、挙式のパッケージプランで申し込むケースが多く、その場合は総額しかわからないことがありますが、ここでは、項目ごとの一般的な費用相場を3パターンの参列者の人数別で解説します。

①新郎新婦の2人だけで挙式をする場合は費用負担が少ない

項目費用相場内訳
挙式料10万円~40万円挙式施設使用料
牧師(立会人)
聖歌隊や演奏者
介添人
控室使用料
送迎など
衣装レンタル5万円~40万円ドレス、タキシード
アクセサリ-などの小物類など
ブーケ1万円~6万円ブーケ、ブートニアなど
写真撮影5万円~40万円写真撮影
旅費
(新郎・新婦分)
50万円~100万円
(時期やグレードにより変動)
航空券
ホテル宿泊費など
その他の費用20万円~50万円
(滞在日数により変動)
滞在中の飲食費、観光、お土産代など

ふたりだけの結婚式はプログラムが最小限のため、準備にかける時間も費用も少なくてすみます。帰国後には家族や親族、友人などの大切なひとへの結婚報告として、お披露目パーティーを開き、これまでの感謝を伝えたり、記念写真を残すとよいでしょう。

パッケージプランによっては上記の項目がすべて含まれていることもあります。海外ウエディングを請け負う会社によってプランの内容は変わるため、希望の項目が含まれているかをよく確認しましょう。

②両家の親が参列する場合は両家の親睦が深まる

項目費用相場含まれているもの
挙式料10万円~40万円挙式施設使用料
牧師(立会人)
聖歌隊や演奏者
介添人
控室使用料
送迎など
衣装レンタル5万円~40万円ドレス、タキシード
アクセサリ-などの小物類など
ブーケ1万円~6万円ブーケ、ブートニアなど
写真撮影5万円~40万円写真撮影
旅費
(新郎・新婦分 両親分は含まず)
50万円~100万円
(時期やグレードにより変動)
航空券
ホテル宿泊費など
食事会
(新郎新婦+親4名)
12万円~16万円料理・飲み物・ケーキなど
その他の費用
(新郎・新婦分)
20万円~50万円
(滞在日数により変動)
滞在中の飲食費、観光、お土産代など

両家の親だけが参列する結婚式はゲストなどに気を使う必要がなく、招待客の選定やギフトの手配などに時間や費用をかける必要もありません。
参列者が両家の親だけの場合は挙式後に食事会をおこなうことが多く、夫婦となるふたりをかこんで食事を楽しみながら、これから長いお付き合いとなる両家の親同士がゆっくり話して親睦を深めることができます。

③10人程度参列する場合はアットホームなパーティーで盛り上がる

項目費用相場含まれているもの
挙式料10万円~40万円挙式施設使用料
牧師(立会人)
聖歌隊や演奏者
介添人
控室使用料
送迎など
衣装レンタル5万円~40万円ドレス、タキシード
アクセサリ-などの小物類など
ブーケ1万円~6万円ブーケ、ブートニアなど
写真撮影5万円~40万円写真撮影
旅費
(新郎・新婦分)
50万円~100万円
(時期やグレードにより変動)
航空券
ホテル宿泊費など
参列者の旅費一部負担10万円~参列者に一律で旅費の一部を負担
(各自で旅費を負担してもらう場合もあり)
パーティ費24万円~36万円
(新郎・新婦+参列者10名分)
挙式後のパーティでの料理、飲み物、ケーキなど
その他の費用
(新郎・新婦分)
20万円~50万円
(滞在日数により変動)
滞在中の飲食費、観光、お土産代など

参列者が10人程度の場合は家族のみの構成になることがほとんどです。少人数の結婚式は堅苦しさがなく、アットホームな雰囲気で挙式をおこなうことができます。パーティーでは身内ならではのゲームなどで盛り上がりながら、両家の家族同士の親睦を深めることができます。

参列者の旅費や宿泊費はどうする?

ハワイでの結婚式となると参列者にとっては旅費や宿泊費をどうするかが問題になります。新郎新婦が費用を負担する場合、最も多いパターンは新郎新婦が参列者の旅費や宿泊費の一部を負担するパターンです。この場合、全員に一律で数万円渡す場合や、航空券と宿泊費のどちらかを負担するなどがあります。また、旅費や宿泊費を参列者が全額自己負担してくれる場合もあります。その場合はご祝儀を辞退したり、食費や滞在費を負担するなどの配慮をするようにしましょう。

ハワイでの結婚式を安く抑えるコツ

お金をかけずにハワイで結婚式を挙げる方法はいくつかあります。ただし、なにかを妥協しなければなりません。絶対にゆずれないことを明確にして、そのほかのことはグレードを下げたり、けずったりすることで次第に費用が現実的なものになってきます。
ふたりで後悔のないようにしっかりと相談して、素敵なハワイウエディングを実現させてください。

12月~3月のオフシーズンにおこなう

ハワイで結婚式を挙げるベストシーズンは天候が安定している4月〜9月です。ゴールデンウィークや夏休みは旅費が高くなってしまうのでさけましょう。また、費用が比較的安くなる6月と10月には結婚式が集中してしまいます。

費用をおさえたい場合はオフシーズンの12月〜3月がおすすめです。ハワイは冬でも最低気温が20度前後なので過ごしやすく、クリスマスシーズンはイルミネーションやイベントも楽しめます。

土日をさけて平日に挙式をする

結婚式の日取りは参列者の都合を考慮して土曜日か日曜日にするのが一般的ですが、土日は費用が高くなるため、平日を選ぶことでハワイ挙式の費用を安く抑えられます。平日は航空券や宿泊費も安くなるため、全体的に大幅にコストダウンすることが可能です。ふたりだけで結婚式を挙げる場合は参列者の都合を考慮する必要がないため、平日に挙式をするのがおすすめです。

パッケージプランのセールをねらう

手配会社のパッケージプランでは出発日がせまっているにもかかわらず空きがあるとき、その枠を特別セールとして割安で売り出すことがあります。この場合、ふだんなら予約がとれないような人気のチャペルでお得に挙式をすることができることもあるので、ホームページやSNSのキャンペーン情報をまめにチェックするようにしましょう。

ただし、セールの場合はプランに含まれる項目が少なくなっていたり、オプション料金が高くなることもあるようなので、セールの金額ばかりに気を取られず、内容をしっかりチェックすることが大切です。

ハワイでの結婚式費用が足りないときはローンを活用しよう

結婚にともなって、挙式や新婚旅行、新居の準備などにまとまったお金が必要になります。すぐに資金を用意できない場合はローンを利用することも検討しましょう。

ブライダルローンを探すなら「クラウドローンが便利です。クラウドローンはお金を借りたい人と融資したい金融機関をつなぐ日本初の金融プラットフォームです。

希望の借り入れ条件を登録するだけで、融資可能な金融機関を見つけ出し、金融機関から直接プランの提案をしてくれます。借入可能なプランだけをまとめて比較できるので、一般的な比較サイトよりも効率的に自分に合ったローンを検討することができます。

すべての手続きはオンラインで完結できるので、急を要する場合もスピーディな対応をしてくれます。

ふたりの新たな門出をハワイで祝おう!

ハワイでの結婚式は費用がかかるからとあきらめてしまう前に、挙式の希望や参列者の数、日程などをはっきりさせて、どのくらいの費用がかかるのか具体的に見積もってみましょう。自分に必要のない要素を排除すれば、手の届く費用でハワイ挙式が実現できるかもしれません。
ハワイは美しい自然でかけがえのない日を演出してくれます。おふたりの新しい生活の始まりを祝う最高の結婚式をハワイで過ごしてみてはいかがですか。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2024年04月15日
ニュース・その他
グアム旅行の費用は3泊4日でいくらかかる?費用の内訳や安い時期、費用を抑えるポイントも解説
グアムは温暖な熱帯性の気候で豊かな自然を楽しめる観光地。グアムまでは日本からのフライト時間もおよそ4時間と、気軽に行ける海外スポットとして人気です。しかし、海外旅行なのでどのような費用がかかるのか心配になる人も多いと思います。グアムまでの行き方、グアムでの過ごし方によっても費用は変わってきます。今回...
2024年04月05日
ニュース・その他
40代・50代必見!介護費用を賢く準備するUI銀行の介護ローン
高齢化社会の進展により、介護が必要な人が増加しています。ひとたび介護が必要な状態になると、施設入所や訪問介護など様々なサービスがあり、それに伴い費用も高額になってきます。このような介護に関する費用負担に対応するために生まれたのが、介護ローンです。 今後益々大きくなる介護ローン市場について、実際に介護...
2024年03月15日
ニュース・その他
ビジネスローン審査の必要書類を徹底解説!複数の銀行に同時に申し込めるサービスも紹介
ビジネスローンは日本政策金融公庫や銀行の融資に比べて提出書類が少なく、素早い資金調達ができるため、緊急で資金が必要な時の選択肢として検討されることも多いローンです。提出書類が少ないビジネスローンですが、申込をする金融機関や商品の種類によって、審査に必要な書類が異なります。必要になる可能性がある書類を...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる