1. ホーム
  2. ニュース・その他

親族のみの結婚式費用はいくらかかる?結婚式スタイル別の費用相場や費用を抑えるポイントを紹介

ここ数年、結婚式の在り方は大きく変化しています。次々と新しいスタイルが生み出され、多様化していく結婚式。その中でも、コロナ渦の影響もあり、自分たちらしさを大切にした、本当に近しい人だけを招待する結婚式を希望するカップルが増えています。心から感謝を伝えたい親族だけを招待して、穏やかでリラックスした時間を過ごす結婚式も素敵ですよね。
そこで、今回は親族のみを招待する結婚式について、その方法やかかる費用についてご紹介したいと思います。

親族のみの結婚式費用は10~200万円程度

新型コロナウィルスの影響で、多くのカップルが結婚式の延期やキャンセルを余儀なくされました。そんな中、親族だけで執りおこなうアットホームな結婚式の需要が高まっています。ゲストの多い式に比べて費用を抑えることができるので、「結婚式はおこないたいけれどまとまった費用が用意できない」とお悩みの方にもおすすめです。とはいっても、その費用はゲストの人数や結婚式のスタイルによって大きく異なります。
では、具体的にはどのような方法があるのでしょうか。

結婚式のスタイルは、以下のような方法が一般的です。

  • 挙式+食事会(披露宴)
  • 挙式のみ
  • 食事会(披露宴)のみ
  • フォトウェディング
  • リゾートウェディング

招待客の人数は、10名程度の場合は両親、兄弟、姉妹、祖父母など、20名程度になると、加えて叔父や叔母も、さらに30名程度になると、いとこや甥、姪も含まれてくることが多いようです。

では、それぞれのスタイルのおおよその費用をみてみましょう。

親族のみの結婚式費用相場①挙式+食事会は30~200万円程度

一般的な結婚式と同様、挙式と披露宴をセットでおこなう方法です。ゲストの人数にもよりますが、披露宴ではなく、食事会のようなスタイルを取ることが多いようです。家族とゆっくり話をすることができますし、司会者や余興の手配が不要なので、手間や費用を抑えることもできます。

教会や神社での挙式後、料亭やレストランに移動して食事会をおこなう場合と、結婚式場で挙式から食事会まで一緒におこなう方法があります。
かかる費用は、会場やゲストの人数、披露宴なのか食事会なのか、また料理のグレードなどによっても異なりますが、おおよそ30〜200万円程度です。

親族のみの結婚式費用相場②挙式のみは10~40万円程度

「披露宴の費用は用意できないが、結婚式は挙げたい」「妊娠中で体調面が不安」「貯金はできるだけ新婚旅行に使いたい」などの理由から、挙式のみの結婚式を望むカップルもいます。挙式にはキリスト教式、人前式、神前式、仏前式などの種類があり、どれを選ぶかによって式の内容や時間、かかる費用が変わります、

基本の挙式料に加え、ヘアメイク、衣装や小物一式のレンタル、写真撮影など希望のオプションを追加していくのですが、全てをパックにして10万円程度で挙式可能な格安プランもあります

ゲストの人数によって総費用が変わることがありませんので、予算が立てやすいというメリットがあります。

親族のみの結婚式費用相場③食事会のみは20~150万円程度

最近では、披露宴のような堅苦しさがなく、新郎新婦もゆっくり食事を楽しむことができる食事会形式の結婚式も人気です。お互いの家族や親族の間で親睦を深めたい方や、準備に時間や手間がかけられないカップルに選ばれています。レストランや料亭、ホテルなど、選択肢が多く、自分達らしい会を開くことができるのが嬉しいポイントです。

費用は、ゲストの人数や会場、料理によって異なりますが、20万~100万円程度が一般的です。また、新郎新婦の衣装をレンタルしたり、プロのカメラマンに撮影を依頼するなどの希望があれば、別途料金がかかります。
格式が高いホテルや料亭、結婚式場と提携しているレストランなどでは会場使用料が発生するなど、高額になる傾向があります。

親族のみの結婚式費用相場④フォトウェディングは数万~30万円程度

SNSの普及に伴い、大きく需要を伸ばしているのがフォトウェディングです。「挙式は望まないけれど、思い出として写真を残しておきたい」「いずれ落ち着いたら式を挙げたいが、先ずは結婚報告のツールとして」など、様々な要望から選ばれています。ウエディングの衣装に身を包んで家族写真を撮影したり、両親が晴れ姿の撮影を見学するなど、家族参加型でおこなうと、より素敵な思い出として残すことができます。

フォトウェディングには、素敵なセットを使用した「スタジオ撮影」と、思い出の場所や新婚旅行先で撮影する「ロケーション撮影」の2種類があり、移動時間がかかる「ロケーション撮影」の方が少々高額になることが多いようです。
撮影料に加え、衣装やヘアメイク、着付けなどをオプションとして追加していくことで金額が変わります。スタジオによっては全てをセットにしたプランを提供しているところもあります。

親族のみの結婚式費用相場⑤リゾートウエディングは100万円~

リゾートウェディングと言えばグアムやハワイ、バリ島など海外での挙式をイメージする方が多いかもしれませんが、近年は北海道や軽井沢、沖縄など、移動の負担が少ない国内のリゾートウェディングも人気が高まっています。「感謝の気持ちを込めて家族を旅行に招待できる」「新婚旅行を兼ねて楽しめる」「大切な家族や親族だけで挙式することができる」などの理由から、人気のウェディングスタイルです。

費用は、挙式代に加えて挙式後の会食代、交通費、宿泊費などがかかります。国内でおこなわれる場合、ゲストの移動費や宿泊費の半額、または全額を『お車代』として新郎新婦が支払うのが一般的ですが、各自で費用を負担する代わりにご祝儀を不要にすることもあります。

リゾートウェディングの総費用は、国内リゾートで100万~、海外リゾートでは200万~が目安ですが、交通費や宿泊費の変動があるため、曜日やシーズンによって大きく変わります。特にゴールデンウィークや年末年始、夏休みなどのトップシーズンは高額になります。

親族のみの結婚式のメリット・デメリット

人生のハレの日をより素敵に過ごすために、望む結婚式スタイルのメリットとデメリットをしっかり理解しておくことは大切です。

親族のみの結婚式のメリットは費用や準備の手間が抑えられる

親族のみの結婚式の一番のメリットは、ゲストと近い距離でアットホームな時間を過ごすことができることではないでしょうか。ひとりひとりとしっかり時間をとり、感謝を伝えることができます。近しい人だけであれば、新郎新婦が極度に緊張することもなく、楽しい時間を過ごせることでしょう。多くの人の好みに配慮する必要がなく、自分たちが望むスタイルを選びやすいという利点もあります。
また、招待状や引き出物の準備などの負担が軽くなったり、大規模な結婚式に比べ、費用を安く抑えることができるのも嬉しいメリットです。

親族のみの結婚式のデメリットはご祝儀が見込めないこと

参加人数が少ないため、ご祝儀も少なくなってしまいます。衣装や会場費は人数にかかわらず必要になりますので、演出や選ぶ会場によっては自己負担が大きくなってしまう可能性も。また、限られた人数での結婚式は、どこまで招待するかの線引きが難しい、少人数で使用可能な会場が限られてしまう、などのデメリットもあります。

親族のみの結婚式で費用を抑える方法

親族のみでおこなう結婚式でも、衣装や会場費、食事代など、それなりにまとまった費用が必要であることがわかりました。では、満足のいく結婚式をできるだけ低予算でおこなうには、どんな方法があるでしょうか。

親族のみの結婚式で費用を抑える方法①レストランウエディングを選ぶ

レストランウェディングとは、レストランを貸り切っておこなう結婚式です。ある程度決められたプランの中から選ぶ結婚式場やホテルでのウェディングと違い、予算に合わせて不必要なものを削ることができます。また、衣装を持ち込んだり、司会者やカメラマンを自分で手配することで、より費用を抑えることも可能です。
金額だけではなく、好みのジャンルや味など、料理にこだわった式をおこなえるところも人気の理由です。

親族のみの結婚式で費用を抑える方法②人前式にする

神仏の代わりに、参列した親族や友人などに証人になってもらう挙式が人前式です。宗教色が無いので、決められた儀式などが無く、場所や演出を自由にプランニングすることができます。「自分達にとって不要な演出はしない」「司会を友人にお願いする」などの工夫で、神前式や教会式よりコストを抑えることができます。

親族のみの結婚式で費用を抑える方法③演出を控える

楽器の生演奏やシャンパンタワー、複数回にわたるお色直しなど、結婚式を盛り上げるための演出は様々あり、それぞれに相応のコストがかかります。近しい親族だけでおこなう結婚式であれば、新郎新婦がゲストと同じテーブルについたり、新郎新婦自身で司会進行をおこなうなど、過度な演出を用意しなくても、オリジナリティあふれる温かい式をおこなうことができるので、費用を抑えることができます。

親族のみの結婚式で費用を抑える方法④可能な限り自分たちでおこなう

結婚式の衣装やアクセサリー、ブーケなどの小物は、式場が用意するものより自分たちで手配したほうが費用を抑えられることがあります。ただし、こだわることでより高額になったり、持ち込み料がかかる式場もありますので、事前にしっかり確認しておきましょう。
司会進行やカメラマンを知人にお願いすることができれば、さらに大きな費用削減になります。

親族のみの結婚式で費用を抑える方法⑤オフシーズンを選ぶ

夏の暑い時期や冬の寒い時期など、希望件数が少ない時期のことをオフシーズンと言います。オフシーズンは、お得なプランや割引、特典を用意している式場が多く、お得に挙式することができます。また、日曜日の午後や仏滅の日なども同様です。
リゾートウェディングは、行先によってオフシーズンが異なりますが、観光客の少ない時期を狙えば費用を抑えることができます。

結婚式費用が足りないときはローンも検討

結婚式や新婚旅行、新居の準備など、結婚にはある程度まとまったお金が必要です。すぐには希望の挙式に必要な費用が用意できない、という時は、ブライダルローンの利用を検討してみることをおすすめします。

ブライダルローンは、使用目的を結婚資金に限定した、比較的低金利のローンです。主に金融機関が提供するローンと、式場で申し込むことができる信販会社と式場が提携したローンがあります。銀行系は低金利ですが審査が厳しく、信販会社のローンは式場で手軽に申し込むことができますが、金利が少々高めに設定されています。銀行によって金利や返済期間、使用可能な用途が異なりますので、より自分にあったローンを選ぶことが大切です。

どこで借りたらいいかわからない、という方には、クラウドローンがおすすめです。スマホやパソコンで、簡単な基本情報と使用目的、借りたい金額を入力するだけで、複数の銀行から直接利用可能なローンのプランの提案を受けられます。銀行の窓口に行く必要はなく、全てWEBで完結しますので、結婚式の準備で忙しい時でも気軽にお試しいただけます。

親族のみなら費用を抑えて結婚式が挙げられる

親族だけを招待した挙式は、ゲストと近い距離で親睦を深めることができるという、大規模な結婚式とはまた違った魅力があります。さらに、自由度が高い分、工夫次第でグッと金額を抑えることができるので、費用の問題でお悩みの方も是非検討してみてはいかがでしょうか。二人が手を合わせて作り上げる、結婚式というハレの日を幸せに過ごせますように。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2024年04月15日
ニュース・その他
グアム旅行の費用は3泊4日でいくらかかる?費用の内訳や安い時期、費用を抑えるポイントも解説
グアムは温暖な熱帯性の気候で豊かな自然を楽しめる観光地。グアムまでは日本からのフライト時間もおよそ4時間と、気軽に行ける海外スポットとして人気です。しかし、海外旅行なのでどのような費用がかかるのか心配になる人も多いと思います。グアムまでの行き方、グアムでの過ごし方によっても費用は変わってきます。今回...
2024年04月05日
ニュース・その他
40代・50代必見!介護費用を賢く準備するUI銀行の介護ローン
高齢化社会の進展により、介護が必要な人が増加しています。ひとたび介護が必要な状態になると、施設入所や訪問介護など様々なサービスがあり、それに伴い費用も高額になってきます。このような介護に関する費用負担に対応するために生まれたのが、介護ローンです。 今後益々大きくなる介護ローン市場について、実際に介護...
2024年03月15日
ニュース・その他
ビジネスローン審査の必要書類を徹底解説!複数の銀行に同時に申し込めるサービスも紹介
ビジネスローンは日本政策金融公庫や銀行の融資に比べて提出書類が少なく、素早い資金調達ができるため、緊急で資金が必要な時の選択肢として検討されることも多いローンです。提出書類が少ないビジネスローンですが、申込をする金融機関や商品の種類によって、審査に必要な書類が異なります。必要になる可能性がある書類を...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる