1. ホーム
  2. 空き家・リフォーム

お風呂のリフォーム費用はいくら?費用の相場と工期の目安、費用を安く抑えるポイントも解説

一日の疲れを癒してくれるお風呂は、家の中でも特に清潔さと快適さが求められます。また、壁のヒビなどを放置すると家自体にダメージを与えることがあるため、不具合を見つけたら早めのリフォームがおすすめです。しかしお風呂のリフォームは高額なイメージがあり、なかなか踏み切れない方も多いのではないでしょうか。そこで今回はお風呂の工事内容別のリフォーム費用や内訳、費用が変わる要因を解説。リフォーム費用を抑えるための補助金やリフォーム費用が足りないときの対策についても紹介します。

お風呂リフォームの費用相場はユニットバス交換で70~150万円程度

工事内容費用相場
ユニットバスからユニットバス70~150万円
在来工法からユニットバス100~200万円
在来工法から在来工法50~250万円
※浴室の移動・拡張などをおこなう場合はさらに費用が必要

お風呂は水を扱うことから家の中でも劣化や腐食が進みやすく、一般的に15~20年程度がリフォームの目安と言われています。浴室の種類にはユニットバスと在来工法の2種類があり、どのような浴室にリフォームするかだけでなく、現在の浴室の状態でも費用は大きく変わります。

現在主流のユニットバスは、あらかじめ壁や床、天井、浴槽などのパーツを工場で製造し、現場で組み立てて作ります。工期が短くて済むほか、浴室内のパーツが一体化しているためつなぎ目に汚れが溜まりにくく掃除しやすいというメリットがあります。

一方の在来工法は、コンクリートで壁や床を作り、タイルなどで仕上げた浴室です。場所に合わせて浴室を設計するため自由度が高く、浴槽をヒノキにするなど素材にこだわることも可能です。部分的なリフォームが可能で、不都合がある部分だけ交換すれば費用を抑えることが可能ですが、オーダーメードのため全部入れ替えるとなると費用は高額になります。

在来工法の浴室をユニットバスにリフォームすることもできますが、基礎工事が必要なためユニットバスの交換に比べると高額です。

お風呂リフォーム費用の内訳

お風呂をリフォームする際は、具体的にどのような費用がかかるのでしょうか。例えば、ユニットバスを新しいものと交換する場合は、次のような費用が発生します。

  • ユニットバスの製品代金
  • 職人の人件費や交通費
  • 浴室の解体・撤去費用
  • 工事費用(排水・配管・電気)
  • ユニットバスの組み立て費用
  • ドアや壁の補修費用
  • 既存浴槽等の処分費用
  • 保証料金

多くのリフォーム会社では製品代金+標準工事費のパック料金を採用しており、上記の費用はパック料金に含まれる場合も多いです。ただし、どこまでが標準工事になるかは会社によって異なるため契約前に確認しましょう。また、自宅のお風呂の状態によって工事内容は変わるため、見積もりを依頼する際は必ず現場を見てもらいましょう。

お風呂リフォームの費用が変わる要因

お風呂リフォームの費用が変わる要因には、①工法の違い、②サイズ、③グレードやサイズ、④戸建てまたはマンション、⑤オプション、⑥補修の有無があります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

お風呂リフォーム費用の変動要因①工法の違い

ユニットバスは工場で製造されたものを組み立てるため、工期が短く工事費用が安く抑えられます。ただし、基本的にまるごと交換する必要があるため、リフォームの最低料金は在来工法よりも高額です。

在来工法はオーダーメードのため、選ぶ素材などによって費用に大きな差が出ます。工期はユニットバスに比べて長く工事費用も高くなりがちですが、必要な部分だけ補修して費用を抑えることも可能です。

お風呂リフォーム費用の変動要因②サイズ

ユニットバス、在来工法ともに、浴室のサイズが大きくなるほど費用も高額になります。たとえばコンパクトな1216サイズのユニットバス(浴室内寸:幅120cm×奥行き160cm)のリフォーム費用は60万円程度からなのに対し、ゆったりめの1624サイズ(浴室内寸:幅160cm×奥行き240cm)では最低90万円程度必要です。

お風呂リフォーム費用の変動要因③グレードや素材

製品代金や材料費はお風呂リフォーム費用の大きな割合を占めるため、選ぶグレードや素材によって大きな差が生じます。

ユニットバスには、標準的な機能で比較的手頃な価格帯の製品(普及グレード)と、機能性やデザインに優れ、色や素材の選択肢も多い製品(高級グレード)があり、普及グレードは70万円程度からなのに対し高級グレードでは100万円以上かかります。

在来工法は、浴槽はもちろん壁や床などの材質も自由に選べます。このため、ヒノキの浴槽や天然石材の床など素材にこだわってリフォームすると、費用は非常に高くなります。

お風呂リフォーム費用の変動要因④一戸建てかマンションか

一般的には一戸建ての方が浴室サイズが広いため、費用も高い傾向にあります。ただし、広さもグレードも同じ場合、マンションの方が高くなりがちです。

マンションでは共用部の影響や組合のルールなどで追加の工事が発生したり、工事の時間帯が限られることで工期が長くなるなど、工事費用がかさむ場合があります。また、マンションは設置環境や現場作業の制限が多い傾向にあるため、国内大手メーカーでは一戸建て用と設計の異なるマンション用のユニットバスを取り扱っています。同程度のグレードの製品を比較するとマンション用の製品は戸建て用より数万円ほど高いため、リフォームの総額も高くなります。

お風呂リフォーム費用の変動要因⑤オプション

ユニットバスは既製品のため、在来工法に比べると自由度は高くありません。しかし、オプションを追加することで機能性を高めたり、自分好みの浴室にすることが可能です。

人気のオプションには、浴室乾燥、断熱浴槽、多機能シャワー、ジェットバス、浴槽テレビ、浴室スピーカーなどがあり、それぞれ複数のグレードが用意されている場合が多いです。また、オプションで壁の色や床の素材を選べる場合もあります。なお、浴室乾燥など工事が必要なオプションは、本体費用だけでなく工事費用もかかります。

お風呂リフォーム費用の変動要因⑥補修の有無

既存の水道やガスの配管、基礎などに補修や交換が必要な場合は、追加費用が生じることがあります。また、浴室の拡張や移動を伴うリフォームは、さらに高額な工事費用がかかります。

お風呂のリフォーム費用を抑えるポイント

家のリフォームの中でもお風呂リフォームは規模が大きく、高額になりがちです。できるだけ費用を抑えたい方は、次に紹介するポイントを見直してみましょう。

お風呂リフォーム費用を抑えるポイント①リフォーム箇所を絞る

お風呂リフォームを計画する前に、なぜリフォームするのか明確にしましょう。在来工法の浴室であれば、浴槽にヒビが入った、壁のキズや汚れが目立つようになったといった一部分の不具合は部分リフォームで対応できる場合もあります。

配管や基礎に追加工事が発生しなければ、浴槽の交換は5~15万円程度、浴室塗装10~20万円程度と費用を抑えられます。また、シャワー水栓の交換はユニットバスでも可能で、2~5万円程度です。

お風呂リフォーム費用を抑えるポイント②パネル工法で工事する

在来工法のお風呂をユニットバスにリフォームするには壁の撤去など大がかりな工事が必要で、費用も高額になります。パネル工法のリフォームなら、工事費用を抑えてユニットバス風のお風呂が手に入ります。

パネル工法とは、既存の壁や天井に「バスパネル」と呼ばれる防水パネルを貼る工事で、タイル貼りの壁に比べて掃除がしやすい、冬の寒さが軽減されるなどのメリットがあります。

なお、既存のユニットバスのメーカーが適合するバスパネルを取り扱っていれば、ユニットバスのパネルのみを交換することも可能です。

お風呂リフォーム費用を抑えるポイント③グレードを下げる

ユニットバスの製品価格はメーカーやグレードにより大きく異なります。高級グレードのユニットバスは機能性もデザイン性も高く魅力的ですが、予算が足りないときはグレードを下げることも検討しましょう。

費用は抑えたいけれど機能にこだわりたい場合は、最低限の機能の付いたシンプルなユニットバスを選び、オプションで多機能シャワーや断熱浴槽などを付けるのもひとつの手です。

お風呂リフォーム費用を抑えるポイント④オプションを絞る

お風呂のオプションには「あったらいいな」というものがたくさんありますが、実際に付けてみると意外と使わないということも少なくありません。後から付けるのが難しいものも多くたくさん選びたくなりますが、十分に検討して本当に必要なものだけに絞りましょう。

お風呂リフォーム費用を抑えるポイント⑤相見積もりをとる

リフォーム業者にも得意不得意があり、同じ工事内容でも業者によって数十万の差が出ることがあります。最初から1社に絞らず、複数の業者に見積もりを依頼しましょう。

また、既存の浴室の状態によって工事費用が変わるため、製品代金+標準工事費のパック料金だけで判断せず、実際に現場を見たうえで見積もりを出してもらうことも大切です。補償内容も業者によって異なるので、合わせて確認しておきましょう。

お風呂リフォーム費用を抑えるポイント⑥補助金を活用する

こどもエコすまい支援事業とは、子育て世帯・若者夫婦世帯を対象に省エネ性能の高い新築住宅取得や省エネリフォームを支援する制度です。このうち省エネリフォームは年齢や子どもの有無を問わず利用でき、5万~30万円(子育て世帯・若者夫婦世帯は上限額の引き上げあり)の補助が受けられます。

こどもエコすまい支援事業の対象になるお風呂リフォームと補助額は次の通りです。

エコ住宅設備の種類補助額
太陽熱利用システム27,000円/戸
高断熱浴槽27,000円/戸
高効率給湯器27,000円/戸
節湯水栓5,000円/台

申請する補助額の合計が5万円未満の工事は補助の対象になりません。ただし、こどもエコすまい支援事業は外壁や窓の断熱工事やバリアフリー改修なども対象のため、お風呂以外のリフォームと合わせて利用することが可能です。

申請期間は2023年3月31日 から予算が上限に達するまで(遅くとも2023年12月31日まで)で、「こどもエコすまい支援事業者」として登録した業者を利用する場合のみ対象です。制度を利用したい方は、早めにリフォーム業者に相談しましょう。

なお、自治体によっては別の補助金を設けている場合もあります。お風呂のリフォームを検討中の方は、市町村役場やリフォーム業者などに補助金の情報を問い合わせ、適用条件や申請手続きについて調べてみましょう。

お風呂のリフォーム費用が足りないときは

お風呂は15~20年ほどでリフォームが必要となるため、日頃から費用を積み立てておくことが大切です。しかし、壁や浴槽のヒビ割れや給湯器の故障などは予期せぬタイミングで発生することもあり、費用が十分でない状態でリフォームが必要になることも。そこで、リフォーム費用が足りないときの対策について紹介します。

お風呂のリフォーム内容を見直す

リフォーム費用が足りない場合、まずは先にご紹介した「リフォーム費用を抑えるポイント」を参考にリフォーム内容を見直しましょう。また、リフォーム業者に予算を伝えたうえで見積もりを依頼すれば、予算内でできるリフォームを提案してもらえる場合もあります。

リフォームローンを利用する

リフォーム内容を見直しても費用が足りない場合は、リフォームローンの利用も検討してみましょう。リフォームローンとは用途をリフォームに特化したローンで、フリーローンやカードローンなどに比べて金利は低めです。また、住宅ローンと異なりほとんどの場合無担保で利用できます。

リフォームローンには、リフォーム業者が提携する信販会社が提供するものと銀行が提供するものがあります。信販会社のリフォームローンはリフォーム業者を窓口にして利用できるため、手続きが簡単というメリットがあります。また、審査は比較的通りやすいですが、金利は銀行よりも高めです。

銀行のリフォームローンは、自分で手続きする必要があり審査も厳しめですが、比較的低金利で融資を受けられます。

お風呂リフォーム費用に使えるローン探しはクラウドローンが便利!

急いでリフォームローンを借りたいときや、少しでも低金利のリフォームローンを探したいときは「クラウドローン」の利用がおすすめです。クラウドローンは、お金を借りたい人と融資可能な銀行を結ぶ融資マッチングサービス。ホームページに基本情報を入力するだけで、融資可能な複数の銀行からプランの提案を受けられます。

借り入れ可能な金融機関のみを一覧化できるので、自分に合ったローンを簡単に探せます。審査はスピーディーで手続きも全てオンラインで完結するので、急にリフォームが必要になった方や忙しくて銀行窓口に行けない方も利用してみてはいかがでしょうか。

費用を抑えて快適なお風呂にリフォームしよう!

お風呂のリフォーム費用は、現在のお風呂の状態とどのようなお風呂にしたいかで変わります。たとえば古くなったユニットバスの交換で、70~150万円程度が目安です。
より快適な浴室を目指すと費用は膨れ上がってしまうため、予算に合わせてグレードやオプションを選ぶとともに、相見積もりでできるだけ安いリフォーム業者に依頼することが大切です。補助金の対象になるかも事前にチェックし、費用を抑えて快適なお風呂を手に入れましょう。


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2023年12月01日
空き家・リフォーム
防音工事の費用相場を目的別に紹介|賃貸でもできる防音対策や防音工事に使える補助金も紹介
近隣とのトラブルを避けるために防音対策をしたり、最近ではテレワークのための静かな環境作りのために防音工事を検討する人もいるのではないでしょうか。同じ防音工事でも、外部からの音を遮断するための防音、または内部からの音を外に漏らさないための防音など種類はさまざまです。そのためには、目的に合わせた防音工事...
2023年11月27日
空き家・リフォーム
タイルデッキ施工の費用相場はどれくらい?ウッドデッキとの比較や費用を安くする方法も紹介
庭のイメージを大きく左右するタイルデッキの設置。庭でバーベキューをする、チェアをおいてくつろぐ、子どものプール遊び、など設置の目的もさまざまです。タイルデッキの設置費用はどのくらいかかるでしょうか。この記事ではタイルデッキの費用や費用を抑えるポイントについて解説します。基本的にはメンテナンス不要のタ...
2023年11月21日
空き家・リフォーム
外壁塗装の坪数ごとの費用相場と内訳 費用を安く抑える方法や助成金も紹介
住まいのリフォームのひとつである外壁塗装。外観の美しさを取り戻すのは気持ちの良いものです。外壁塗装は、美観を保つだけでなく、建物の劣化を遅らせ住宅を長持ちさせるために必要不可欠なリフォームです。一般的に10年を経過した建物は、外壁塗装を検討しはじめる時期だと言われています。今回は、住宅塗装の費用につ...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる