1. ホーム
  2. 教育ローン

教育ローンの返済はいつから?据置期間や返済期間の解説、元金据置したときの返済額をシミュレーション

ローンを借りたら通常は翌月から返済が始まります。しかし教育ローンは子どもの在学中の返済が難しいことも多いため、多くのプランで元本据置が可能です。

今回は教育ローンの返済がいつから始まるかのほか、元金据置の設定方法、返済期間について解説。元本据置を選んだ場合の返済額もシミュレーションします。また、一括返済や一部繰り上げ返済についても説明していますので、返済期間の調節にお役立てください。

教育ローンの返済はいつから始まる?

教育ローンには、日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)と銀行や信用金庫などの民間金融機関による融資があります。借り入れ条件はそれぞれ異なりますが、返済はいずれも基本的に融資を受けた翌月または翌々月から始まります。

このため、例えば高校3年生の1月中に融資を受けた場合、返済開始は大学入学前になります。入学準備でなにかと物入りな時期なので、余裕をもって返済できるよう準備しておきましょう

なお、返済希望日は契約時に指定できます。給料日後など返済しやすい日を選ぶとよいでしょう。

教育ローンは誰が返済する?

一般的に、教育ローンは保護者が借りて保護者が返済することを想定しています。銀行によっては社会人が自分の自己啓発に使える教育ローンを用意している場合もありますが、利用には安定した収入が必要です。このため、仕事を辞めて大学などに通う場合、本人名義で教育ローンを組むのは困難です。

なお、子どもの就職後に返済を親から子へと受け継ぐ「親子リレー返済」が利用できる金融機関もあります。卒業後は子ども自身に返済させたい場合には検討してみてはいかがでしょうか。

在学中の返済が難しい場合は元金据置も可能

大学や専門学校進学で最も費用がかかるのが入学初年度です。しかし、2年目以降も授業料や教科書代などがかかるため、子どもの在学中は返済する余裕がないという方も多いのではないでしょうか。そこで多くの教育ローンでは、「元金据置」が可能です。

元金据置とは

元金据置とは、一定期間元金は返済せず金利のみ支払うことをいいます。教育ローンを元金据置にした場合、子どもの在学中は毎月金利だけを支払い、学費の負担がなくなる卒業後に元金の返済を開始します。

据置期間の設定方法

希望する据置期間は教育ローン申し込み時に設定します。1ヵ月単位で設定できるため、返済の都合に合わせて最適な期間を調節できます。

最長据置期間は金融機関ごとに異なりますが、据置期間として認められるのは「借り入れの目的となっている学校」における「在学期間内」のみです。ただし、設定できる期間は「入学の〇ヵ月前~卒業の〇ヵ月以内」など、在学期間の前後に余裕が持たせてある場合が多いです。

据置期間の延長は可能?

申し込み時に設定した据置期間は、基本的に延長できません。ただし、留学や留年などで返済開始が難しくなった場合の取り扱いは金融機関などによって異なります。最大据置期間の範囲内で延長が可能な場合もあるため、契約している金融機関に問い合わせてみましょう。

元金据置の注意点

据置期間を設定すると、その分金利負担は大きくなります。また据置期間も返済期間に含むため、例えば10年ローンのうち4年間を元金据置にすると残りの6年間で返済しなくてはいけません。

また、在学中は利子負担のみで済んでいたのが、据置期間終了後に返済額が一気に増えます。返済が始まってから慌てないよう借り入れ前にシミュレーションをおこない、無理のない返済計画を立てることが大切です。

教育ローンの返済期間は?

教育ローンの返済期間は、金融機関ごとに設定された最長期間内で自由に決めることが可能です。例えば国の教育ローンの返済期間は18年以内で、返済期間は1ヵ月単位で設定できます。

民間金融機関の教育ローンの最長期間は、10年から20年まで銀行により差があります。据置期間も返済期間に含まれるため、元金据置を希望する場合は最長返済期間もしっかりチェックしましょう。

元金据置にした場合の返済総額シミュレーション それでは、元金据置の有無で返済額がどのように変わるか見てみましょう。 下記の条件をもとにシミュレーションをおこないました。

  • 借入額:300万円
  • 金利:2.0%(返済期間中に変動なし)
  • ボーナスによる返済:0円
  • 返済方式:元利均等方式

   毎月の返済額 据置期間の返済額 返済総額
A.据置期間なし、返済期間10年 27,604円 3,312,480円
B.4年間据置、返済期間10年 44,251円 5,000円 3,426,072円
C.4年間据置、返済期間14年 27,604円 5,000円 3,552,480円

 ※伊予銀行「教育ロ-ン ご返済額のシミュレーション」を利用

返済期間を10年にした場合、据置期間の有無により毎月の返済額に1万円以上の差が生じます。また、元金据置により返済総額も10万円以上多くなります。

据置期間の4年間をプラスして返済期間を14年にすると、据置期間がない場合と毎月の返済額は同額となりますが、返済総額には24万円もの差が生じます。

さらに金利が高かったり高額な借入では、据置期間による金利負担は大きくなります。借り入れ前に実際の金額と金利でシミュレーションし、余裕のある返済計画を立てましょう。

返済期間は繰り上げ返済で短縮できる

金利負担を減らすために、返済期間を短く設定するのは有効です。ただし毎月の返済負担は大きくなるため、途中で返済が困難になる場合も。そこで、返済期間を長めに設定しておき、繰り上げ返済で期間を短縮するという方法もあります。

繰り上げ返済は元本に充てられるため、支払う予定だった利息も減らすことができます。残りの借入金をまとめて返済する「一括返済」や、毎月の返済とは別にまとまった額を返済する「一部繰り上げ返済」があるので、臨時収入があったときや家計に余裕がある場合は検討してみましょう。

繰り上げ返済に手数料はかかる?

繰り上げ返済の手数料は金融機関ごとに異なり、手数料が高いとかえって損になることもあります。このため、こまめに繰り上げ返済したいと考えている方は、繰り上げ返済手数料無料の金融機関を選ぶと良いでしょう。

なお、国の教育ローンは繰り上げ返済手数料無料のため、振込手数料のみで利用できます。

国の教育ローンの繰り上げ返済方法

国の教育ローンの繰り上げ返済は次の手順でおこないます。

    1. 取扱店に連絡
    2. 返済希望日を決定し、返済額を計算してもらう
    3. 指定された金額を振り込む

繰り上げ返済の連絡先は、教育ローンを申し込んだ支店です。ホームページに掲載されている「教育ローンコールセンター」では手続きできないので注意しましょう。なお、取扱店の連絡先は、日本政策金融公庫から届く返済予定表(お支払額明細書)で確認できます。

一括返済の場合は、電話で支払希望日を伝えて返済額を計算してもらい、決定した金額を指定日に振り込めば完済です。

一部繰り上げ返済の場合は、支払希望日と繰り上げ返済する金額を伝えて残金分の返済予定を作成してもらいます。指定した額を振り込んだあとは、新たな返済予定にしたがって毎月返済を続けます。

一部繰り上げ返済には「期間短縮型」と「返済額軽減型」がある

一部繰り上げ返済には、毎月の返済額は変えずに残りの返済期間を短くする「期間短縮型」のほかに、返済期間は変えずに毎月の返済額を減らす「返済額軽減型」の2種類があります。この2つのタイプでは、同じ時期に同じ額を返済しても返済総額に差が出ます。次のシミュレーションで確認してみましょう。

  • 借入額:300万円
  • 返済期間:10年(据置期間なし)
  • 金利:2.0%(返済期間中に変動なし)
  • ボーナスによる返済:0円
  • 返済方式:元利均等方式

   繰り上げ返済後の毎月の返済額 返済完了までの期間 返済総額
A.繰り上げ返済なし 27,604円 10年 3,312,480円
B.5年後に100万円を期間短縮型で一部繰り上げ返済 27,604円 6年10ヵ月 3,242,600円
C.5年後に100万円を返済額軽減型で一部繰り上げ返済 10,076円 10年 3,260,800円

 ※三井住友銀行「一部繰上返済シミュレーション」を利用

上のシミュレーションの通り、どちらの方法でも返済総額を減らすことはできますが、期間短縮型のほうがより効果的です。一方、返済額軽減にすると毎月の返済額を減らせるため、家計への負担を抑えられます。

無理のない返済計画を立てて教育ローンを賢く使おう

教育ローンの返済は通常は借り入れの翌月または翌々月からスタートしますが、据置期間を設定すれば、子どもの卒業までは利息のみの支払にすることも可能です。家計の状況に合わせて据置期間や返済期間を設定し、無理のない返済プランで借り入れしましょう。

返済負担を抑えるために繰り上げ返済は有効ですが、まずは低金利の教育ローン選びが大切です。クラウドローンを利用して、簡単に低金利の教育ローンを探してみませんか? 

クラウドローンは登録した情報をもとに融資可能な銀行から直接プランの提案を受けることができるので、効率的に低金利のローンが選べます。簡単な質問に答えるだけで登録できるので、まずは希望の条件で借り入れ可能かチェックしてみましょう。

クラウドローン


POINT

「どの銀行が融資をしてくれるか分からない」をクラウドローンが解決

クラウドローン(https://pre.crowdloan.jp/)は、個人が銀行から低金利でマイカーローン、教育ローンなどの融資を受けられる国内唯一のプラットフォームです。
融資の目的や時期、金額などをクラウドローンに登録すると、各銀行が融資可能な金額や金利のプランの直接提案してくれます。時間と労力をかけずに複数の銀行からより条件のよい融資を見つけることができます。

詳しくはこちら

関連記事

2022年11月02日
教育ローン
【体験談2】プログラミングスクールの受講料に教育ローンを利用してどうだった?
プログラミングスクール受講のキッカケと資金面で検討したこと ーまずはプロフィールを教えてください ープログラミングを学ぼうと思われたキッカケを教えてください ー受講を決断するうえで(資金面なども含めて)障壁になったことがあれば教えてください 教育ローンを利用した理由 ーお金が貯まるまで待つという考え...
2022年10月20日
教育ローン
【2022年10月最新版】おすすめの教育ローン5選|選び方のポイントも紹介
子どもの教育費・学費はまとまったお金が必要になる為、資金作りに苦慮している家庭も少なくはないでしょう。大学等への進学にあたっては、予備校代、入学金、授業料の他にも一人暮らしに係る費用などが必要になり、貯蓄からは賄いきれない場合があるかもしれません。家庭の経済的な負担を軽減する為にも検討したい「教育ロ...
2022年10月19日
教育ローン
教育ローンは誰が返済する?返済期間や月々の目安額、繰り上げ返済についても解説
子どもの教育資金が足りないとき、選択肢のひとつとなるのが教育ローンです。奨学金は学生本人が借りるのに対し、教育ローンは保護者が借りるのが一般的なので、子どもに借金を負わせたくないという方にも向いています。今回は、教育ローンの返済開始時期や返済期間を解説するとともに、返済期間の違いで月々の返済額にどの...

クラウドローンとは

“借りたい”を登録して
お得な提案を待つだけ

融資をしたい銀行から、直接プラン提案を受けることで、
資金を必要としている一人でも多くの人に、融資の機会を提供します。

3分でお借り入れ額がわかる
無料診断してみる